ヤリスクロス、やっぱり買うべきは最上級グレード!? 充実の内外装装備群は 価格的お得さが断然高い|ヤリスクロス総点検

グレードの違いでそんなに変わるの?【トヨタ・ヤリスクロス】ホントに買うべきグレードは? HYBRID Z/GASOLINE Z 編

多くのクルマが、標準装備などの違いによって細分化しているグレード。最も安い入門グレードでコスパを狙うか、豪華装備を求めて上級グレードを選択すべきか。人気のコンパクトSUV、トヨタ・ヤリスクロスのグレード体系はどうなっているのか。各グレードを徹底比較。まずは最上級グレードのZ系。

装備満載の最上級グレード、Z系。18インチや内装2トーンが標準だ。

独自の灯化類や18インチ、本革ステアリング&ノブ、メーターなど、見た目の違いが多数あるZ系。シートヒーターや間接照明、電動シートなどが標準で、先行車や対向車に配慮したハイビーム点灯を行う実用機能がオプションで選べるのもZ系だけ。

G系共通も多く、LEDヘッドライトや18インチ、デイライトはG系でもオプションで追加できるが、それら合計は約15万5000円。

▶ヤリスクロスの装備・グレードの違い、価格などがわかる総点検記事シリーズはこちら

Z系とG系の車両の価格差は19万円。つまり、僅か3万5000円でそれ以外が付くとなると、Z系を選んだ方が断然お得だ。

ただし最上級といえど内装の質感はお世辞にも高くはない。シートやインパネ、内張りのツートーンの配色には意見が割れており、強い樹脂感による安っぽさはZ系でも拭えない。

■車両本体価格■
HYBRID Z  
【2WD】 258万4000円
【4WD】 281万5000円
GASOLINE Z 
【2WD】 221万円
【4WD】 244万1000円

大きな違いは前後ライト

Z系グレードの注目はこちら!! 外装編

【デイタイムランプ】

【フロントグリル】

【18インチ ホイール】

【ロゴプレート】

Z系グレード注目はこちら!! 内装編

【シート】

【4:2:4分割シート】

【メーター】

【LED照明】

Z系グレードの注目はこちら!! 機能編

【電動シート&ヒーター】

【6:4分割ボード】

【AHS】

気になる燃費は?(WLTCモード)
【2WD/HYBRID】
27.8㎞/ℓ
【4WD/HYBRID】
26.0㎞/ℓ
【2WD/GASOLINE】
18.8㎞/ℓ
【4WD/GASOLINE】
17.4㎞/ℓ

他にもこんな違いがあります!!
●サンバイザーに、バニティミラー・チケットホルダーだけでなくLED照明も装備 ●助手席下に引き出し式アンダートレイが装備 ●アクセサリーソケット(シガソケ)が2個標準  ●エアコン通気口がピアノブラック(G系共通)

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon