ヤリスクロス、忖度なしで不満ポイントもチェックしました!|ヤリスクロス総点検

総合バランスではライバルを圧倒!?【トヨタ・ヤリスクロス】見た目も使い勝手よし&実は 不満なポイントもお届け!!

ただいまバカ売れ状態というヤリスクロス。実車に乗り、見た印象をリポート。購入の参考になれば本望デス! これはあくまでも個人の感想。どう思うかはアナタ次第!

ガソリンとハイブリッド、両車を乗り比べて徹底レポート

試乗見聞車はガソリンGとハイブリッドZ。ともに2WD。

ガソリンは走り出しの印象がハイブリッドよりもズッシリした感触で、加速感で選ぶならやはりガソリンといえそう。

GとZではホイールとタイヤも違うものの、Zが大口径であることをとくに意識させるようなことはなく、街乗りするにはどちらも十分。

▶ヤリスクロスの装備・グレードの違い、価格などがわかる総点検記事シリーズはこちら

ボンネット左右のプレスラインが、車格を把握する目安になったりと、抵抗なく走れる。

ヴェゼルが同じ1・5Lのわりに走り出しからクルマが重い。(車重がそもそも違うが)良くいえば重厚で、悪くいえばもたつく走りだったことを考えると、ヤリスクロスは快適だ。

ただしハイブリッド車は、街乗りレベルの車速でも体に受ける振動がやや強いなど、(大口径の差も少なからずあるはずだが)サスが硬めな印象を受けた。機会があればぜひガソリンとハイブリッドを乗り比べて欲しい。

またG&Zともにステアリングは、車格からするとやや重ため。

ガッチリとしたフィーリングを好む人にはいいと思いつつも、女性を意識したというのであれば、もう少し軽くしてもよかったのでは……というのが率直な感想。

ライバルであるキックスは、ステアリングが軽く、電動走行は圧倒的にスムーズで快適。スイスイ走れる。“クルマで走る”という点だけであればキックスのほうが好感触だが、キックスは荷室やシートアレンジに難あり。総合評価的には、忖度なしでヤリスクロスという印象だ。

個人的に一番気になったのは、視認性の悪さ。

ヤリスクロスに限らず昨今のSUVは皆そうだが、Dピラーが太くガラスが傾斜しているため、視界がそもそも少ない。ヤリスクロスは加えてリアヘッドレストが大きめと、後方視界が予想よりも悪かった。

さらに前方視界では、Aピラー根元まわりが太すぎる。

三角窓もなしと、後発車にしては死角が多い。慣れるまでにはやや時間が必要となりそうで、人によっては「これはダメ」と即NGを出す可能性も。(Aピラー形状はキックスも似た傾向だが、微妙に形状が違うため違和感を感じなかった)。

新型ヴェゼルはこの点も配慮されており、3台中視界はもっともいい。

ということで結論からいえば、走り重視ならキックス、視界・重厚性ならヴェゼル、総合バランスではヤリスクロスといったカンジ。みなさんはどう思う!?

合わせてチェックしたSUVはこちらの2台

忖度しません! 実際乗ってみて、びみょ〜な部分はここ!!

【リアドア開口が狭い】

【後席が狭い!】

【黒内装がない】

【後席にUSBがない!】

【テールが光らない!?】

【内張りがショボイ】

【視界が……】

【マフラーが……】

【モーター音が……】
Zのみ標準装備となる「パワーシート」はとても便利だが、そのモーター音が意外にうるさい。とてもチープな印象。人によっては、かなり耳障りと思えるほどの大きさ。頑張って動かしている感が全開の音なのだ。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon