ヤリスクロスの実用性&ビジュアルを向上も!! これ、絶対追加すべきです!!|ヤリスクロス総点検

アームレストも全グレードオプションです!【トヨタ・ヤリスクロス】購入時、忘れず追加したい絶品オプション6選

2020年8月の発売以来大ヒットとなっているヤリスクロスが、な、なんだか気になる! の、乗ってみたい! ほ、欲しい〜かも!? というオーナーのために、ヤリスクロスのベースカーを知る新車企画を組んでみた。今回はぜひ追加すべきオプションパーツを厳選。

オプションでしか追加できない、レアアイテムも!!

▶ヤリスクロスの装備・グレードの違い、価格などがわかる総点検記事シリーズはこちら

(1)アームレスト

(2)Z純正LEDライト

(3)アクセサリーコンセント

(4)フォグランプ

(5)ハンズフリーバックドア

(6)フレックスベルト

苦手な駐車からオサラバ! トヨタチームメイトってなに!?

駐車が苦手という方必見の安心機能がトヨタチームメイト。ステアリング・アクセル・ブレーキの自動制御で駐車を支援するハイブリッド車専用機能で、それに備わるパノラマビュー(PV)は、真上から愛車を確認できる。PVは単体でも追加できるが、チームメイト内に含まれるPVは画質が高い。トヨタチームメイト版は、前後サイドすべて122万画素に対し、PV単体版はフロント115万、サイド&リアは各31万画素と粗め。ちなみにPVがあると、助手席ドアミラー下にある“耳たぶ”がレスに! 
■7万7000円〜

ヤリスクロスの海外仕様って何が違うの?

欧州や豪州でも販売されているヤリスクロスは、違いがいろいろ。もっとも大きな違いが、欧州仕様にある「アドベンチャー」という最上位グレード。前後バンパーが大きく違うほか、テールウインカーがシーケンシャルとなり、内装では天井&ピラーもブラックに。ブーツ付きのシフトまわりがピアノブラックとなる。最低地上高も+10㎜の180㎜。大型サンルーフも付けられる! ちなみに豪州仕様ではボンネットやヘッドライトプロテクター、ヒッチメンバーといった、土地柄が現れたオプションがある。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon