シートカバーは、日頃のメンテナンスでキレイな状態&質感をキープできます|シートカバーのホントのトコロ|デザイン・色・種類・価格・メンテなど

正しい知識で長持ち! 知っておきたい【シートカバー】の正しいメンテナンス方法

シートカバーといえば、純正シートに簡単に被せるものからすっぽりと覆うものまで実に色々なラインアップが存在する。ガラッと内装の雰囲気を変えることができることで注目が集まっていたが、いま求められるその役目は変わりつつある。そんなシートカバーを大切に使うために知っておきたいメンテナンス方法をレクチャーします。

素材の違いで異なるメンテナンス方法

【シートカバーのホントのトコロ】連載記事一覧はこちらから

(1)天然本革
使い込むことで身体に馴染んでくるのが本革の良いところ。しかし一番の敵は水分。専用のクリーナでメンテすれば質感が長く続く。

(2)合成皮革(PVCレザーなど)
汚れに強い特徴を持つのが合成皮革。水拭きや中性洗剤を薄めたぬるま湯を使えば、カバーについた汚れを簡単に落とすことができる。

(3)人工皮革(起毛系)
ている素材の場合は、その面に汚れが入り込む場合が多い。その際はブラシ等を使って掃除するのが効果的な方法だ。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon