3列シート車のメリット&デメリットをポイント解説【トヨタ・アルファード編】|3列シート車を買いたい

いま売れています! あなたにピッタリな3列シート車は? タイプ別・特徴指南【Lサイズミニバン】編

ひとくちに3列シート車といっても、それぞれに特徴がある。ここからは各タイプにどんなメリットやデメリットがあるのかをチェックしながら、どんなニーズに適しているかを指南していこう。第1回は、Lサイズミニバンのトヨタ・アルファード。

ボディサイズの大きさは、極上の快適性をもたらす

アルファードのようなLサイズミニバンは、車体の大きさを生かした車内空間の広さが特徴だ。3列シート仕様では、7人乗り(2/2/3)や8人乗り(2/3/3)が設定されている。

1列目/2列目/3列目ともに比較的大きなサイズのシートが採用されるほか、1列目、2列目はもちろん、3列目にも前後スライド機能やリクライニング機能を備えるモデルも多く、フルフラットシートなど、シートアレンジのバリエーションが豊富で選択の自由度が高い。

このクラスの最大の魅力は広大な室内を活かした、余裕たっぷりのシートまわりだ。

その真骨頂が今回紹介するアルファードのエグゼクティブラウンジで、とにかくゴージャス。

ふんわりと体を包み込んでくれる極上の座り心地はもちろん、シートバックが水平近くまで倒れたり、オットでリラックスした姿勢も取れる。

また後席モニターなど装備もかなりの充実だ。シートのスライド量も運転席側は448㎜、助手席側に至ってはなんと496㎜もスライドする。一番後ろまでスライドさせればまさにファーストクラスだ。「いつかはアルファード」と、人気が高いのもうなづける。

Lサイズミニバンは余裕のある居住空間に、3列シートのどの席に座っても快適に過ごせる。5人以上の乗車が多いファミリーユースや、長距離移動が多いという使用状況には、最適なチョイスと言えるだろう。

MODELCASE_01 Lサイズミニバン代表 トヨタ・アルファード
上質な内外装の作りや乗員を心地よくもてなす機能を充実させるなど、高級サルーンの要素を持ち合わせている。座り心地のいいシートにはオットマンが備わるなど、車内の居心地のよさは他車の追随を許さない。

【アルファード主要諸元】
グレード●エグゼクティブラウンジ(ハイブリッド)
全長×全幅×全高(㎜)●4945×1850×1950
車両重量(㎏)●2240
室内長×室内幅×室内高(㎜)●3210×1590×1400
エンジン種類●直列4気筒DOHC+モーター
総排気量(㏄)●2493
最高出力(kW[PS]/rpm)●112[152]/5700
最大トルク(N・m[㎏-m]/rpm)●206[21.0]/4400〜4800
使用燃料●レギュラー
WLTCモード燃費(㎞/ℓ)●14.8
車両本体価格●759万9000円

Lサイズミニバンのポイント解説

快適性だけでなくステータスの高さも魅力
サイズはミニバンクラス最大級で、価格も高めとなるが、その分、居住性や実用性はクラス最高峰の実力を備えている。大柄で重いボディが影響して燃費は低めだが、ハイブリッドを用意して燃費志向のユーザーに対応。

3列目まで広さと快適性を求める人に最適
居住性や実用性だけでなく、高級サルーン然とした雰囲気や心地よさを求める人にうってつけのモデルだ。とくに後席は、3列目まで極上の心地よさを味わいながら乗車できる。法人向けの移動車としても推奨できる。

Lサイズミニバンの○と×

どの席でもゆったり乗車できるLサイズミニバン【 ポイント別CHECK】

(1)乗降性

(2)2列/3列目シート

(3)使い勝手

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon