300系にフルモデルチェンジ! 軽量化したとはいえ2.5トン級の車体が、ことのほか手の内で操れる感覚がある!

岡本幸一郎の最旬SUV試乗2連発【トヨタ・ランドクルーザー編】 生誕70周年にフルモデルチェンジ!

ラダーフレーム構造が継承された以外は、全くの別モノに生まれ変わった300系。それでもフロントマスクや圧倒的な存在感は200系をどこか感じさせる。新型はエンジンがV6ターボに刷新され、ディーゼルも復活。使える先進機能もてんこ盛りなので、詳細は要チェック。

エンジンは全車V6ターボに換装
もりもりトルクのディーゼル復活は朗報!

ちょうど生誕70周年のタイミングで、ランクルが14年ぶりにモデルチェンジをはたした。70周年というと、クラウンやスカイラインをしのいで日本最長の歴史を誇る。

TOYOTA/LAND CRUISER
トヨタ/ランドクルーザー(300系)

200系と外寸はほぼ同じながら、顔面のインパクトが強烈なせいか、心なしか大きく見える。内容的にはTNGAに基づき、文字どおり全面刷新されていて、装備類もインフォテイメント系を含め最新のものがふんだんに与えられている。そして、31年前に80系で採用した2850㎜のホイールベースは300系にも受け継がれた。

エンジンはガソリンのV8自然吸気が廃され、V6ターボとなったのを惜しむ声がある。半面、ディーゼルの復活を喜ぶ声は大きい。

ランクルのために新たに開発された3.3Lディーゼルは、音と振動がかなり抑えられていることにまず感心する。ガソリンに対して、最大で50Nm高いトルクをずっと低い回転域で発揮し、10速になったATがスムーズに駆動力を伝えてくれるので、とても乗りやすい。市街地から高速道路まで道を問わず、2.5トン級の車体をものともせずひっぱってくれるのは頼もしいかぎりだ。

一方のガソリンも、さすがは400㎰超というだけあって伸びやかな吹け上がりが気持ち良い。ターボ化で気がかりだった低速域の扱いやすさも問題ない。とはいえ音や質感はやっぱりV8にはかなわない。そこでできるだけエンジンの音を聞こえないようにしたらしく、おかげで車内はかなり静かだ。

フットワークも、ランクルとしてはかなり身軽になった印象を受ける。これほど大柄で、軽量化したとはいえ2.5トン級の車体が、ことのほか手の内で操れる感覚があることには恐れ入る。

これには大幅な軽量化と剛性向上をはたしたフレームとボディの進化や、組み合わされる新開発のサスペンションはもちろん、エンジンやATをできるだけ低く後方に搭載して低重心化と前後重量配分の最適化を図ったことも効いているに違いない。

加えて、油圧パワステなのにアクチュエーターを用いて操舵支援機能を実現したことにも驚いたが、これが操舵フィールの向上にも効いていて、よりスッキリとした印象になっている。

さらには、E-KDSSを搭載するなどした新顔の「GRスポーツ」は、舗装路での走りの洗練ぶりが際立っていた。

舗装路でもこれだけ進化していたわけだが、実は悪路走破性がもっとスゴイらしい。オフロードを走れる機会も楽しみにしたい。

エクステリア

従来型の200系とは、全長やホイールベースなどのボディサイズ、ならびに対地障害角は変えていない。それでもトヨタSUVの最上モデルにふさわしいビッグボディは圧巻だ。

1 / 3

「岡本幸一郎の最旬SUV試乗2連発【トヨタ・ランドクルーザー編】 生誕70周年にフルモデルチェンジ!」の1枚めの画像
フロント

2 / 3

「岡本幸一郎の最旬SUV試乗2連発【トヨタ・ランドクルーザー編】 生誕70周年にフルモデルチェンジ!」の2枚めの画像
リア

3 / 3

「岡本幸一郎の最旬SUV試乗2連発【トヨタ・ランドクルーザー編】 生誕70周年にフルモデルチェンジ!」の3枚めの画像
サイド

インテリア

水平基調で車両姿勢を把握しやすいインパネや視認性の高いメーターなど、インテリアはオフロードにおける機能性を追求している。

シート

上級グレードは本革シートを標準装備。ガソリン車は「AX」以外は3列シートを備えた7人乗りとなる。

1 / 3

「岡本幸一郎の最旬SUV試乗2連発【トヨタ・ランドクルーザー編】 生誕70周年にフルモデルチェンジ!」の1枚めの画像
前席(5人乗り)

2 / 3

「岡本幸一郎の最旬SUV試乗2連発【トヨタ・ランドクルーザー編】 生誕70周年にフルモデルチェンジ!」の2枚めの画像
後席(5人乗り)

3 / 3

「岡本幸一郎の最旬SUV試乗2連発【トヨタ・ランドクルーザー編】 生誕70周年にフルモデルチェンジ!」の3枚めの画像
3列目席(7人乗り)

ラゲッジ

5人乗り仕様と7人乗り仕様のラゲッジスペース。3列目を格納すれば5人乗り仕様と同じ広さとなるため、積載能力は抜群だ。

1 / 2

「岡本幸一郎の最旬SUV試乗2連発【トヨタ・ランドクルーザー編】 生誕70周年にフルモデルチェンジ!」の1枚めの画像
通常時(5人乗り)

2 / 2

「岡本幸一郎の最旬SUV試乗2連発【トヨタ・ランドクルーザー編】 生誕70周年にフルモデルチェンジ!」の2枚めの画像
通常時(7人乗り)

パワートレーン

エンジンは3.5Lのガソリン、3.3Lのディーゼルと、2種のV6ターボを搭載。駆動方式はもちろんフルタイム4WDだ。

1 / 2

「岡本幸一郎の最旬SUV試乗2連発【トヨタ・ランドクルーザー編】 生誕70周年にフルモデルチェンジ!」の1枚めの画像
3.5L ガソリンターボ

2 / 2

「岡本幸一郎の最旬SUV試乗2連発【トヨタ・ランドクルーザー編】 生誕70周年にフルモデルチェンジ!」の2枚めの画像
3.3L ディーゼルターボ

プラットフォーム

伝統のラダーフレームを継承しているが、TNGAによるGA-Fプラットフォームを新採用している。

岡本幸一郎が選ぶGOOD POINT!

JBLプレミアムサウンドシステム

1 / 2

「岡本幸一郎の最旬SUV試乗2連発【トヨタ・ランドクルーザー編】 生誕70周年にフルモデルチェンジ!」の1枚めの画像
広い室内空間で最適な音場が得られるように、あのJBLと共同開発したプレミアムサウンドシステムを設定。高性能アンプと14ものスピーカーが奏でるサウンドはたしかに圧巻。

2 / 2

「岡本幸一郎の最旬SUV試乗2連発【トヨタ・ランドクルーザー編】 生誕70周年にフルモデルチェンジ!」の2枚めの画像
広い室内空間で最適な音場が得られるように、あのJBLと共同開発したプレミアムサウンドシステムを設定。高性能アンプと14ものスピーカーが奏でるサウンドはたしかに圧巻。

指紋認証スタートスイッチ

盗難の非常に多いクルマであることを踏まえて、指紋認証スタートスイッチがついにトヨタ車で初めて搭載された。スマートキーを携帯してブレーキを踏みながらタッチすればOK。

快適温熱シート+ベンチレーション

HI/MID/LO の3段階切り替えが可能でオートモードも備えた、快適温熱シートとベンチレーションを「VX」のフロントに設定。「ZX」と「GR SPORT」なら2列目シートの左右席にも標準装備されるのはさすが。

ドライブモードセレクト

ダイヤルの上を押すとオンロード向けとなり、下の「MTS(マルチテレインセレクト)」では計6つものモードが選択でき、従来はL4のみだった動作範囲がH4ンジにも拡張された。

クールボックス

7万円を超えるオプションではあるが、あると重宝しそう。200系は後ろを軸に開閉したリッド兼アームレストが、300系は左右どちらからでも横開きできるようになった。

【SPECIFICATION】

グレード名 ZX ディーゼル

全長×全幅×全高(㎜) 4985×1980×1925

室内長×室内幅×室内高(㎜) 1995×1640×1190

WLTCモード燃費消費量(㎞/L) 9.7

エンジン排気量・種類 3345cc・V型6気筒DOHCディーゼルターボ

最高出力[kW(㎰)/rpm] 227(309)/4000

最大トルク[Nm(㎏ f・m)/rpm] 700(71.4)/1600-2600

乗車定員(名) 5

タイヤサイズ 265/55R20

価格(税込) 760万円(4WD)

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon