トヨタのSUV、どれを買うのが正解ですか?|ザ・対決18番勝負

ライバルも同じ店舗にあり!? どれを買うべき? トヨタSUVフルラインアップ完成!|購入指南 18番勝負Rd.2

クルマを購入しようと思い立ったとき、ふと考えるといろいろな悩みやわからないことが出てくることがある。今回は新車購入にまつわる悩みどころを対決形式で取り上げつつ、一気に解決しようではないか!

身内でうまく対決させて、結果としてトヨタで決まる……

▶▶▶シリーズ【ザ・対決18番勝負 新車編】新車購入にまつわる悩みどころを対決形式で取り上げつつ、一気に解決!

世界的な流行が続くSUV。その勢いは止まるところを知らないが、それは日本でも同様だ。洗練されたデザイン、乗用車ライクな乗り味や余裕のラゲッジなど、魅力にあふれている。

それゆえ各メーカーが競い合っている状態なのだが、トヨタに注目すると、まさにSUV王国といった充実の布陣を作り上げている。

トヨタの場合、ブームになってもすぐには飛びつかず、様子を見つつ、車両開発を進め、一気に巻き返すのが常道で、SUVでも同様。ここ数年、魅力的なモデルを続々と登場させて、一気に充実させた。

マトリックスとしてまとめてみたが、まさに壮観。



他メーカーのライバル以前に「敵は身内にあり」。つまり身内対決の様相で、トヨタ車同士が競い合っているようにも見える。

ただし、よく見ると乱発しているのではないのがトヨタの凄いところ。

価格とキャラクターで見た場合、非常にバランスがよく、ほぼ被りがないという点はさすがだ。これならユーザーの取りこぼしは出ないだろう。

我々ユーザーからしてもよく見るとわかりやすい。RAV4が気になるとすると、身内のライバルはマトリックスの中でのその周囲のモデル。

つまりハリアーの下級グレードかカローラクロスの上位が視野に入る。まったく同じ価格帯だから迷う……、ということがなく、うまく対決させているというわけだ。

トヨタのSUVを買うならこんなところにも注意

(1)販売チャンネルが一本化、どこででも買えるけど…

(2)ポジショニングが明確化、同門での競合が難しい!?

(3)似ているようで性能や得意分野がまるで違う

(4)グレード選択によっては上級車種も視野に入る!?

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon