3列シート vs 4列シート!? 対アルファードの意外な伏兵、その実力は?|ザ・対決18番勝負

全長5.3m、全幅約2mの伏兵? プレミアムミニバンの頂点は、アルファード or グランエースどっち?|購入指南 18番勝負Rd. 15

クルマを購入しようと思い立ったとき、ふと考えるといろいろな悩みやわからないことが出てくることがある。今回は新車購入にまつわる悩みどころを対決形式で取り上げつつ、一気に解決しようではないか!ラウンド15は、プレミアムミニバンの頂上決戦。

巨大ボディが圧巻の意外な存在がグランエース

▶▶▶シリーズ【ザ・対決18番勝負 新車編】新車購入にまつわる悩みどころを対決形式で取り上げつつ、一気に解決!

国産プレミアムミニバンの頂点は? と問われれば、多くの人がアルファード&ヴェルファイアと答えるだろう。

だが思わぬ伏兵がいる。

それは2019年にデビューしたグランエースだ。

海外向けのハイエースをベースとしており、驚くのはその大きさ。全長5.3m、全幅約2mと巨大なボディが圧巻だ。

2.8ℓのディーゼルターボエンジンを搭載し、後輪駆動のFRを採用する。

2+2+2+2の4列シート(!)による8人乗りと、2+2+2の3列シートでの6人乗りを用意する。

外観はアッサリした印象だが、アフターパーツを駆使することで、アルファード以上の迫力を演出することも可能。

一考の価値大アリの意外なミニバンと言える。

【アルファード】

【グランエース】

グランエースのポイントは?

(1)さらに多人数乗車が可能

(2)後席乗員の快適性はハイレベル

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon