新型ノア&ヴォクシー以外の選択肢は? 気になるライバル達と比較してみました(2)

新型ノア&ヴォク包囲網! 競争激化の売れ筋ミニバンガチンコ対決 VS アルファード&オデッセイ編【家族みんなで楽しめる♪ #いま買えるミニバン選び2022春 】

年明け1月から正式に発売がスタートし、すでに約7万台という受注をうけている新型ノア&ヴォクシー。2022年のミニバンシーンは、その人気っぷりから、このクルマを中心に回っていくのは間違いなし。スタワゴ的にも注目度全開で、その動きをガッツリ追っていくぞ! そんな今年の主役のだんだん見えてきた全貌はもちろん、先代との違いの解説、さらにはカスタム予測などをメインとし、ノア&ヴォクシーを取り巻くライバル車達との比較なども徹底解説。いま買えるミニバン情報をギュッとまとめて紹介中だ。2022年復権(!?)を狙うミニバンシーンをじっくりと読み取っていこう。

エントリーグレードでも、所有する満足感は十分な高級ミニバン

▶▶▶いま買えるミニバン選び2022春まとめはこちら

ミニバンはファミリーを中心に人気を集めてきたが、今では普及の開始から約20年が経過して、ジャンルの傾向も様変わりしている。

かつては5ナンバーサイズであることが支持される要因になっていたが、エアロ系モデルが人気を集めて3ナンバー車が主流となり、ハイブリッド車が登場し、さらに安全装備の充実といった高機能化によって車両価格は300万円台後半から400万円台に到達。

となれば、ノア&ヴォクシーの競合としては、5ナンバーである必要もないし、価格を鑑みるとひとクラス上も視野に入る。そこで検討したいのが、アルファードなどのLクラスのミニバンを選択肢とすることだ。

たとえば、カスタムを視野に入れた本誌の読者なら、ノア&ヴォクシーのエアロ仕様のS-GまたはS-Zを検討する人が多いはず。となれば、車両価格はノアが304万〜367万円(2WD)、ヴォクシーで309万から374万円(2WD)となる。

この価格帯でアルファードならエアログレードのS(ガソリン仕様)や、エントリーグレードになるX。オデッセイならガソリン仕様のアブソルートが、それぞれ購入候補になる。

もっともお手頃なグレードではあるが、室内の広さや基本性能はノア&ヴォクシーの上を行くので、高級感に浸れるし、所有する満足感が得られるのは間違いない。さらに中古車を視野にいれるなら、もっと上級なグレードの購入も可能になる。一考する価値は大いにあるだろう。

【TOYOTA・アルファード】国産ミニバンの最上級に位置する満足度の高い選択

2.5L直4を搭載するS、またはXがベストな候補となる。上級グレードと比べても居住性や実用面での機能に差はない。運転席まわりは上質な作りがなされ、7人乗りはリラックスキャプテンシートが備わり後席の快適性も高い。

プレミアムな雰囲気に見合った能力が手に入る。とくに走行中の振動や騒音を効果的に吸収する高剛性ボディの採用や、吸遮音材、制振材の最適配置で実現した車内の静粛性や快適性は、高級サルーンと同等のレベルにある。

【HONDA・オデッセイ】モデル末期だからさらにお手頃な価格で手に入る可能性大

2.4Lエンジンを搭載したアブソルートが候補となる。現行型はすでに生産中止となっているので細かな条件は挙げられないが、販売店が在庫を持っているなら大幅な値引きが期待できる。中古車なら上級のEXやe:HEVも狙える。

ボディサイズが大きく車重も重いが、ホンダ独自の低床設計によって全高が1700㎜(2WD)を下まわり、重心が低くなってシャープなハンドリングが味わえる。鈍重な車種が多いミニバンのなかでは、走りの能力はトップレベルとなる。

▶▶▶いま買えるミニバン選び2022春まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon