車体の経年劣化や走行などによる傷が発端! ボディ各部のサビ対策をラストストッパーで!

【200系ハイエース・おすすめパーツ10選】見逃せぬ劣化、雨による湿気や海の潮風から愛車を確実にカバー! 電気で錆止め! ツーフィットのラストストッパーの威力が絶大だった

【TOYOTA・ハイエース_RECOMMEND PARTS 10選 #010】
車体の経年劣化や走行によるキズなどを発端に表面の塗装が剥がれ、下地の金属が露出することでサビが発生しやすい状況になる。そんな状況を軽減し、サビ防止にぜひ導入したいのが、ツーフィットのラストストッパーだ。

簡単設置&配線でばっちりサビ対策

【To-Fit・電子サビ防止装置 ラストストッパー】

ハイエース_RECOMMEND PARTS 10選まとめはこちら

ピカピカな新車から例え乗っていたとしても、使用していく上での劣化が主な原因で、避けて通れないのが車体のサビ。塗装された表面上は綺麗に見えても、塗装面の下の内部などからジワリと進行していく。ツーフィットから発売中の〝ラストストッパー〟を使えば、そんな被害を未然に防ぐことが可能なのだ。

3本(機種により4本)の配線を接続するだけの簡単さが特徴で、電気による防食作用によりサビ抑制の効果が得られる。簡単に仕組みを説明すると、ラストストッパーを介しボディへ微弱な電子を流すことで得られる化学作用がその正体。潮風が含む塩分や梅雨・台風の湿気など走行以外の要因でもサビていくので、愛車を長く乗っていきたいと思うなら、ラストストッパーは見逃せないアイテムなのだ。

取り付けは、各所に配線をつなぐだけで完了!

ハイエース_RECOMMEND PARTS 10選まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon