絶妙なローフォルムを実現する新型ヴェゼル用車高調はマイルドな乗り味で快適性も向上|ブリッツ・ダンパーZZ-R

速攻で登場! 新型ホンダ・ヴェゼル用も新設定! 車種ごとにベストなセッティングで快適な乗り味とローフォルムを両立!|ブリッツ・ダンパーZZ-R

ブリッツの人気車高調「ダンパーZZ-R」に新型ヴェゼル用がラインアップされた。大口径ホイールを装着しながらも、マイルドな乗り味を実現するセッティングに、32段の減衰力調整機能を備えた注目のフルスペック車高調! 幅広い車種ラインアップも特筆点だ。

BLITZ/ブリッツ

DAMPER ZZ-R/ダンパーダブルゼットアール

発売して間もない新型ヴェゼル。洗練されたデザインと扱いやすいサイズ感で、売れ行きも好調だという。そんな旬の素材を速攻カスタムしてきたのがブリッツ。

そう、全長調機能や単筒式ダンパー、32段の減衰力調整と、欲しい機能をすべて盛り込んだフルスペック車高調、ダンパーZZ-Rを装着してきたのだ。

結論から言ってしまえば、まさに期待を裏切らない走りだった。

驚きだったのが、純正に対して2インチアップとなる20インチ履きにも関わらず、まったく不快さを感じなかったこと。

タイヤの扁平が薄くなる分だけ、乗り心地という面では不利になる。

しかもフロント54㎜、リア53㎜ダウンとダウン量も大きいだけに、試乗前は快適性に悪影響が出ているのではないかと不安もよぎった。

しかし、乗り心地はきわめて良好で、いい意味で車高調が入っているとは感じさせないマイルドなフィーリング。

それでいて段差を乗り越えた時も突き上げ感はなく、ストンと1発で収まる。

その絶妙なセッティングに舌を巻いた。これなら同乗者から不満がでることもないだろう。

何を隠そうブリッツでは、市街地や高速での実走行テストを重ねるにはもちろん、「SDL(サービス・ダイアグノーシス・ライン)」なるサスペンションシミュレーターを積極活用している。

これは実走行に近い状態でタイヤと足まわりを上下に振動させて路面吸着率を測定するもの。

人間の感覚だけでは掌握できない領域まで数値化できるという。

つまり、異なるふたつのアプローチで解析を進めることで、車高を下げても突き上げ感のない、上質な乗り味に仕上げているのだ。

「車高を低くしたいだけだからダウンサスでいいや」と思っているひとにも試してもらえるよう、手頃な価格にもこだわっているというブリッツ。

快適でカッコいい、しかもお手頃と3拍子揃っているのだから、人気が出るのもうなずける。

その走りを、ぜひ一度味わってみていただきたい。

【DEMO CAR DATA(RV5 VEZEL)】

約50㎜のローダウン&20インチ履きで都会的なフォルムを構築する。文句なしのカッコよさだ。
フロントリア
車高-54mm-53mm
バネレート5.0kgf/mm3.5kgf/mm
減衰力16/32段16/32段
ホイール20×8.5+4420×8.5+44
タイヤ245/40-20245/40-20

●ホイール/エンケイ・オールエイト

●タイヤ/ダンロップ・ルマンV

【石川’S IMPRESSION】

【SPECIFICATION】

リニアに減衰力が立ち上がる単筒式ダンパーを採用し、32段の減衰力調整機能も備える。ストローク量に影響なくローダウンできる全長調整式機構を搭載した。

●対応:ミニバン&SUVほか多数

●価格:16万1700円〜

●仕様:全長調整式/減衰力調整32段階/単筒式/ピロアッパー

電子制御式の減衰力調整機能を備えたダンパーZZ-RスペックDSCプラスもすでに新型ヴェゼル用が設定済み。こちらも注目だ。

【ブリッツ・守田幸信さん】

クルマのSNSでも好評価をいただいています。プリクラッシュセーフティなどの安全装備についても誤作動が起こらないかテストを重ねていますので、ご安心ください。

問:ブリッツサポートセンター 0422-60-2277

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon