四半世紀を超えてなおフラッグシップのクレンツェ。その2021年イヤーモデル「ジルドーン」がデビュー

柔と剛が見事に融合! トヨタ・アルファードの足元に高級感を与えるクレンツェホイールを履こう!

複数の曲線と曲面がおりなす絶妙なスポークデザインに、切削加工を加えることで立体感を表現。これはクレンツェファンならずとも虜になる一品に違いない。

放たれた光が外周で弾ける名門クレンツェの最新作!

毎年、イヤーモデルがリリースされるクレンツェ。今回は折れスポークが斬新で、30アルファードの足元を豪快に彩るジルドーン。

Kranze Zildawn/クレンツェ ジルドーン

with AVANZARE ADESSO 30 ALPHARD

クレンツェが誕生したのは1994年。構造は当時から3ピースを採用していたが、意匠はそもそもはシンプルなディッシュとスポークだったそう。しかしその感性が時代にマッチしたのか、デビュー作であるケルベロスは発売と同時にスマッシュヒットとなる。そこから四半世紀を超えてなおクレンツェは、カタログのトップを飾るフラッグシップブランドとして君臨する。

最大の武器は、その意匠。クレンツェの作品はどれも、三次元デザインという共通の理念から生み出される。単に立体的、というだけでなく、正面からはもちろん横やななめから見ても美しい、全方位デザインとなるのがその真意。加えてそこには、まるで彫刻品か宝飾品かと錯覚させられてしまうほど、華美で刺激に満ちたアレンジも施される。つまりクレンツェが長く強い支持を受けるのは、どこから見てもカッコよくて華やか、唯一無二のオーラに満ちるからだ。

そんなクレンツェの2021年イヤーモデルであるジルドーンは、複数の曲線と曲面に、切削加工によるシャープなエッジラインを組み合わせた、柔と剛とが絶妙に絡み合う意匠が特徴。中央から放たれた光がリム周辺で大きく波及し、つながりや輪を連想させるトライアングルシルエットへと集約される。柔らかくて、強い。存在感、独特だ。

足元で魅せる。そんなスタイルを完結できるのがジルドーン。オーラも華やかさも、圧倒的だ。

空気抵抗の低減にも配慮したフラップエアロ

存在感が破格なジルドーンの個性を生かすには、すっきりとオトナなスポーツ路線に合わせるのがオススメ。例えばアヴァンツァーレのアデッソ/アルファード。三分割式のフラップスポイラーはシンプルながら、両端にバンパーとのすき間ができる設計となるため、ダクトとして空気抵抗の低減にも貢献できるのが特徴。リアも中央のディフューザーと両サイドのスポイラーからなる3点構成で、こちらはしっかりとアグレッシブ。躍動感も大。

【PARTS SPECIFICATION】

フロントリップスポイラー 3P 4万5000円

ボンネットスポイラー 1万5000円

サイドスポイラー 4P 5万8000円

リアセンターアンダーディフューザー 3万6000円~

ローマウントLEDプロテクター 2万4000円~

ゲートウィング 2万6000円

リアサイドスポイラー 2万8000円

ローダウン/アヴァンツァーレ・エアサスペンションシステム 49万8000円~

ホイール/ウェッズ・クレンツェジルドーン(22×9.5+29 ブラック&バフ/ブラッシュド2トーンクリア)

タイヤ/ファルケン・アゼニスFK453(245/30-22)

※価格は税抜き。

クレンツェ ジルドーン

カラーも多彩。中でもデモカーが装着しているブラック&バフ/ブラッシュド、そしてフラッグシップの証であるデザインクロームは必見。その他のカラーバリエも豊富で、自分だけのカスタムを楽しめるのも3ピース構造ならでは。

1 / 4

「柔と剛が見事に融合! トヨタ・アルファードの足元に高級感を与えるクレンツェホイールを履こう!」の1枚めの画像
途中で角度を変えるスポーク形状も独特。安心感のあるシンメトリーレイアウトで、オーナメントのすぐそばまでスポークが迫るから、視覚的なインチアップ効果も高い。

2 / 4

「柔と剛が見事に融合! トヨタ・アルファードの足元に高級感を与えるクレンツェホイールを履こう!」の2枚めの画像
デモカーにはオプションのブラックリムを装着。さらに風格を押し上げている。

3 / 4

「柔と剛が見事に融合! トヨタ・アルファードの足元に高級感を与えるクレンツェホイールを履こう!」の3枚めの画像
中央から放たれた光が、リム周辺で大きく波及するというのがジルドーンのデザインイメージ。先端のトライアングルデザインは夜明けの太陽のイメージで、このトライアングルを生み出すためにできた鋭いラインと、やわらかな曲面という相反する要素を組み合わせているのがポイントだ。

4 / 4

「柔と剛が見事に融合! トヨタ・アルファードの足元に高級感を与えるクレンツェホイールを履こう!」の4枚めの画像
クレンツェ伝統の3ピース構造を採用。19&22インチはリバースリム仕様で、20&21インチならノーマルリム、リバースリムのいずれにも対応できる。リム幅もバリエーションが多く、ライトなカスタムからより攻めたマッチングまで対応が可。どんな履かせ方、魅せ方をするかにまでこだわれるのもクレンツェの魅力だ。

【SPECIFICATION】

SIZEHOLE/P.C.D.PRICE
19×7.5J~13.0J5/112、5/114.3、5/12010万8900円~18万3150円
20×8.0J~13.0J5/112、5/114.3、5/12011万6600円~19万7450円
21×8.5J~12.0J5/112、5/114.3、5/12014万3000円~21万7250円
22×8.0J~13.0J5/112、5/114.3、5/12018万1500円~26万6750円
カラー:SBC/ポリッシュ、デザインクローム、セピアブラック/ポリッシュ、ブラック&バフ/ブラッシュド2トーンクリア、ボルドーレッドメタリック/ポリッシュ(受注生産)

主張しすぎない大人レッドも秀逸

クレンツェでは好みの色をオーダーするカラーコーディネイトを採用していて、その一つとして新たに採用されたのがボルドーレッドメタリック。いかにもな赤ではなくて、主張しすぎないトーン抑えめのシックなダークレッドという風情で、クレンツェらしい高級感だけでなくちょっとした刺激もプラスできる注目色だ。ちなみにクレンツェの3ピースに採用されるカラーは、他のモデルでも選択が可。ウィーバルのように天面切削なしも指定OK。

ジルドーン(後左)、ウィーバル(前中央)、フェルゼン(後右)

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon