【全15選】街中や郊外、様々なシーンに馴染むスタイルをRAV4で具現化した4×4アヴァンツァーレ!

ワイルドかつカッコイイを演出できます!【RAV4カスタム15連発!】 オフ系にマストなバンパーガードをチッピング塗装! アヴァンツァーレのRAV4は、質実剛健な4×4スタイル

【全15選 「オン」と「オフ」あなたはどっち? TOYOTA・RAV4カスタムセレクション #004】オフな雰囲気の強いアドベンチャー、そしてアーバンなイメージのGとX、そしてPHVを擁するRAV4は、カスタムにおいても「オフ」と「オン」を許容するクロスオーバーSUV。まずはどっちに振っても楽しめる懐の深さを活かした極上のデモカーたちから、RAV4カスタムのいまをご覧あれ!

「オン」と「オフ」RAV4カスタムセレクション2022まとめはこちら【全15選】

オフスタイルとドレスアップを見事に融合!

4×4AVANZARE 4×4アヴァンツァーレ

ミニバン&ワゴンのカスタムで名を馳せるアヴァンツァーレが、新たなターゲットに選んだのがRAV4だ。得意のドレスアップ路線を強味にした『4×4アヴァンツァーレ』は、旬のオフスタイル打ち出せるアイテム群が最大の魅力。

フロント、サイド、リアには、4WDのラギット感を強調できるバンパーガードを用意。メタル素材+質感高いチッピング塗装を施した本格派だ。ボンネット先端に装着する2WAY LEDライティングキットもオフな演出に効果的。ポジションランプと明るいワークライト機能を備え、適切に配線すれば車検にも対応する。また、9㎜のオーバーフェンダーも用意。オプションでザラザラとしたフィニッシュが特徴的なラプターライナーも選べると、全方位でオフスタイルを狙える構成だ。

一方、テールエンドが3種類から選べるフルステンレスのマフラーや、シーケーシャル点灯がスタイリッシュなドアミラーレンズ。足元のアイキャッチに効果的なキャリパーカバーなど、ドレスアップに効果的な魅せパーツが揃う点も大きな魅力。

4×4スタイルと培ってきたドレスアップ技を散りばめた今シリーズ。週末の郊外から、都会の喧噪まで馴染むSUVの本懐を端的に表現した意欲作だ。

便利で映えるライティングパーツも充実

SPECIFICATION
【DEMO CAR】
HYBRID G
【EXTERIOR】
フロントバンパーガード10万7800円
サイドガードバー10万7800円
リアガードバー4万9500円
ワイパーガード(PVC)1万6500円
オーバーフェンダーキット7万9200円 ※ラプタ−ライナー(ブラック)塗装済み8万8000円UP
サイドデカール2万7500円
2WAY LEDライティングキット7万1280円
キャリパカバー6万9300円
LEDワークライト B-type(2個)1万560円
シーケンシャルドアミラーレンズ3万2780円
【MUFFLER】
エキゾーストシステム リアマフラー15万1800円〜17万3800円
【INTERIOR】
リアラゲッジ インナーイルミネーションLED1万3200円
ドアワーニングフラッシュLED1万780円
【SUSPENSION】
アップサス3万800円(ガソリン車) ※ハイブリッド車は開発中
【OTHER】
ボンネットダンパー1万4080円
【WHEEL/TIRE】
ホイール/アヴァンツァーレ・フォージド18(18×8.5+30)8万1400円
タイヤ/トーヨー・オープンカントリーR/T(225/60R18)

「オン」と「オフ」RAV4カスタムセレクション2022まとめはこちら【全15回】

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon