【オシャレで便利なクルマ系ギア】焚き火の魅力は、「薪割り」「育てる」「調理する」「眺める」など、非日常の雰囲気が楽しめること!

ソロキャンもファミキャンも、みんながハマる焚き火の魅力は? まずは気になる焚き火台を使ってみました!【#オシャレで便利なクルマ系ギア 番外編】

好評のアウトドア系連載、今月は“焚き火”特集です。キャンプの醍醐味といえば、焚き火! 今回はクルマ系ギアから離れ、キャンプに欠かせない“焚き火”に関わるギアをクローズアップしようと思います。

〝癒し〟から〝調理〟まで、焚き火はキャンプサイトの主役

オシャレで便利なクルマ系ギアまとめはこちら

皆さ~ん、キャンプしてますか? 毎月恒例のキャンプギア特集ですが、今回はクルマ系ギアからちょっと脱線して、『焚き火』に注目してみたいと思います。焚き火はキャンプに欠かせない醍醐味のひとつですよね。焚き火をするためにキャンプに行くという人も多いと思います。そんな焚き火の魅力はやはり〝癒し〟。静かな自然の中で、ゆらゆらとした炎やパチパチとした薪が燃える音を聞いている時間は、街中では得られない最高の癒やし時間です。また、焚き火は調理の場として使うこともできます。バーナーや炭を使ったBBQコンロでの調理とは違い、豪快な火種を使った焚き火調理は見た目もワイルドで楽しいものです。

そんな魅力たっぷりの焚き火ですが、多くのキャンプサイトは地面で焚き火をする直火が禁止されています。そこで必要なのが薪をくべるための焚き火台です。これを選ぶのも楽しみのひとつ。ソロキャン向け、大人数向け、調理ができるかどうか、収納時のサイズや重量、そしてデザインと、選びどころが豊富なのです。自分に合ったモデルに出会えず、焚き火台を買い替えるのは焚き火好きあるあるです。今回は編集部的に気になる焚き火台を実際にキャンプに持っていき試してみました。皆さんもマイベストを探してみてくださいな。

最低限必要なのは、焚き火台、火ばさみ、レザーグローブ

焚き火に欠かせない薪はどっちがいい? 針葉樹と広葉樹の違いは?

オシャレで便利なクルマ系ギアまとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon