純正クロームパーツをあえて削って毛色の違う上質さを

黒迷彩って?【クロームデリートが最新カスタム】30系アルファードの純正メッキ部をラッピング

煌びやかな純正クロームパーツの輝きをあえてなくす(deleteする)注目のカスタムメニュー。とくに純正クロームの存在感が強い30系アルファードは、クロームデリートの効果も高い。大阪のプロショップ、サンヤードが手掛けた渾身のデモカーで最新テクの効果をチェック

黒迷彩のラッピングって?

クルマ全体の高級感を高める素材として、トヨタ・30系アルファードにも多く使われているメッキ。このアイデンティティともいえる部分をあえてなくす(デリートする)カスタムに注目が集まっている。

大阪のプロショップ、サンヤードで製作した1台は、オーナーから“低いまま走れるスタイル”という要望があり、そんな中でどうしたら自己主張できるのか?というのを突き詰めた一台。

大きなエアロで見た目の低さを稼ぐのではなく、エアサス+アーム交換でのシャコタンスタイルを追求。そこに独性を持たせるため、クロームデリートを施工した。

白、黒が定番のボディカラーもあえてグラファイトメタリックを選択。人気のマットブラックだと少し味がないかなと、黒迷彩のラッピングを採用した。

遠目でみるとマットブラックだが、近くで見たり、光の当たり具合で柄が主張するこの「黒迷彩」は、いまサンヤードでイチ押しのカラーだ。

エアロパーツは超薄型のACCのみの装着。もちろん黒迷彩ラッピングを施している。こちらは飛び石対策としても効果あり。

パーツ点数的には少ない手数だが、絶妙なカラーコーディネイトでしっかりとやった感を演出できる一台。ぜひ参考にしたいカスタムメニューだ。

純正メッキ部を「黒迷彩ラッピング」

1 / 3

「黒迷彩って?【クロームデリートが最新カスタム】30系アルファードの純正メッキ部をラッピング」の1枚めの画像
サイド部のウインドウピラーもすべてラッピング処理。クルマ全体の締まり感が大幅アップで渋さ抜群。

2 / 3

「黒迷彩って?【クロームデリートが最新カスタム】30系アルファードの純正メッキ部をラッピング」の2枚めの画像
さり気ない部分だが、純正メッキのドアノブも施工。純正色グラファイトメタリックとの相性もいい感じだ。

3 / 3

「黒迷彩って?【クロームデリートが最新カスタム】30系アルファードの純正メッキ部をラッピング」の3枚めの画像
面積が大きく、リアビューで存在感を発揮するセンターガーニッシュ。リアスタイルの印象を大きく変える。

足元も“ 特別仕様”で高級感を底上げ

1 / 4

「黒迷彩って?【クロームデリートが最新カスタム】30系アルファードの純正メッキ部をラッピング」の1枚めの画像
躍動感とスポーツ感を兼ね備えたグノーシスAE201は、低さ優先のマッチングとして20インチをセットアップ。

2 / 4

「黒迷彩って?【クロームデリートが最新カスタム】30系アルファードの純正メッキ部をラッピング」の2枚めの画像
セミオーダーカラーでブロンズアルマイトリム、ディスクバフフィニッシュを選択。足元でも特別な色にこだわる。

3 / 4

「黒迷彩って?【クロームデリートが最新カスタム】30系アルファードの純正メッキ部をラッピング」の3枚めの画像
セミオーダーカラーでブロンズアルマイトリム、ディスクバフフィニッシュを選択。足元でも特別な色にこだわる。

4 / 4

「黒迷彩って?【クロームデリートが最新カスタム】30系アルファードの純正メッキ部をラッピング」の4枚めの画像
JラインのアームもプラスしてセッティングしたACCのエアサス。専用コントローラーで車高の上げ下げ自由自在。

【SPECIFICATION】
ホイール/ワーク・グノーシスAE201(20×10J)
タイヤ/ナンカン(245/30)
フロントリップスポイラー/ACC
ブレーキキャリパー/サンヤード
エアサス/ACC

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon