全車速追従機能付き、アダプティブクルーズコントロールが一部グレードに標準装備! 高速ドライブがより快適に!【スズキ・ワゴンR】

夜間の歩行者も検知する「デュアルカメラブレーキサポート」を全車に標準装備! 軽ワゴンのパイオニア【スズキ・ワゴンR】が様々な安全装備をアップデート!|新車レビュー

軽ハイトワゴンのパイオニアである、スズキのワゴンRに一部改良が実施された。気になるトピックは、先進安全装備の充実!

精悍フェイスの「カスタムZ」が新たに登場

今回のポイントは安全装備がアップグレードされ、同時に新グレードとなる「カスタムZ」が設定されたことだ。

安全装備では、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを全車に標準装備し、最も安価な「FX」を除き、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、車線逸脱抑制機能付きの全車速追従式ACC(アダプティブクルーズコントロール)を標準装備した。また、コネクテッドサービスのスズキコネクトにも新たに対応し、全方位モニター付きディスプレイオーディオを「FX」を除いてメーカーオプションとして設定している。

従来までのワゴンRは、標準タイプとスポーティなデザインの「FZ」、さらに尖ったデザインの「スティングレー」といった3タイプのバリエーションを設定していたが、今回「FZ」を廃止して、代わりに「カスタムZ」を新設定した。

「カスタムZ」の外観は、従来の「FZ」よりも精悍なデザインのフロントバンパー&グリル、LEDヘッドランプを採用し、カスタム度を高めている。インパネやシート表皮もブラック基調とすることで、外観にマッチしたシックなインテリアに仕上げられている。

「カスタムZ」には自然吸気とターボが用意され、アップグレードパッケージも選択可能。最近はスーパーハイト系のスペーシアが人気を集めているが、ワゴンRにもカスタムが投入されたことで、販売の盛り返しが期待される。

なお、標準仕様のワゴンRもフロントグリルのデザインを変更することで外観の質感を高めている。

SUZUKI WAGON R(スズキ・ワゴンR)

新たに“カスタムZ”が設定されて3バリエーションに

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon