エアロキットのLEDは、デイライトとシーケンシャルウインカーの切り替え式! イマドキな機能も備えたシルクブレイズの80ハリアー

コレが「映える」トヨタ・ハリアーです!|両サイドに埋め込まれたLEDが、ハリアーをよりラグジュアリーに魅せる! シルクブレイズのミニバンフロントリップは、適度なボリュームとワイド感を向上!

【都会派SUV・トヨタ80ハリアーは、ホイール+αがカッコイイ!】都会派SUVの代表的存在として多くのオーナーに支持されるハリアー。クーペを思わせるスタイリッシュなフォルム、そしてライバルを圧倒する高級感はオフ系SUVとは一線を画す存在だ。ホイールを基本に、ローダウン、そしてエアロを加えれば、その魅力はさらに高まること間違いなし!こんなに写真映えする洗練されたSUVはハリアーをおいて他にはない。第4弾は、シルクブレイズの80ハリアー。

感性にうったえかける、エモーショナルなデザイン

シルクブレイズが80系に求めたのは“スポーツ&ラグジュアリー”。ハリアーに限らず、SUVといえば腰高で、クラッディングパネルと呼ばれる全身を取り囲む黒やグレーの樹脂パネルが定番となっているが、新作エアロではそのらしさをあえて否定。ハリアーが以前から持っている、アーバンでプレミアムな雰囲気の向上を図れるよう、適度なボリュームとワイド感、そしてスポーティさを感じさせるハーフエアロを開発した。

ハーフといえば良くも悪くもシンプルであり、語るべき特徴が少ない傾向にあったが、それは遠い過去のハナシ。現在では、ハーフはブランド力を推し量るに十分な、デザイン性に富んだモデルを数多く選べる。それはシルクブレイズも同様で、独特なブリッヂ形状のフロントやメリハリの効いたサイド、縦フィンやLEDといった流行を盛り込み独自の解釈でカタチにしたリアと、どの角度から見てもよくわかる。形状を際立たせる塗り分けを想定した面やラインも多数ありと、アレンジの仕方で印象が変わるエアロだ。

また今作は、静止時だけでなく走る姿にも注目を。ウェブで公開中のプロモーション動画もご覧いただければ、凜とした静、優雅な動の魅力がきっとわかってもらえるはず。

SILK BLAZE MINIVAN FRONT LIP(シルクブレイズ ミニバンフロントリップ)・80HARRIER(80ハリアー)

SPECIFICATION
【EXTERIOR】
フロントスポイラー(LED付) 9万7900円(11万7700円)
サイドステップ 9万7900円(13万5300円)
リアスポイラー(LEDなし) 9万9000円(11万9900円
リアスポイラー(LED付) 10万8900円(12万9800円
※上記3点セット(LEDなし) 28万9300円(36万7400円)
※上記3点セット(LED付) 29万9200円(37万7300円)
フロントグリルカバー 3万6300円(4万8400円)
リアゲートウイング 3万9600円(5万1700円)
デコライン 1万6500円
ヒートエンブレムシート 2178円
【WHEEL/TIRE】
ホイール/ケースペック・シルクブレイズ アヴェルS505(21×8.5+35) 6万4900円
タイヤ/ヨコハマ・アドバンスポーツV105(245/35R21)
*( )内は1トーン塗装済み。

オリジナルホイールにも注目!

映えるハリアーまとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon