車高を自在に調整することで、好みのスタイルや走りを実現する車高調整式サスペンションを知っておこう!

いまさら聞けない! 車高の上げ下げを好みに調整できる「車高調」ってナンダ?|車高調の基礎知識その1

「車高調整式サスペンション」とは、その名の通り車高を上げたり下げたり調整することのできるサスペンションキットのこと。スプリングのみを交換するダウンサスは下げ幅が固定となるが、車高調はミリ単位で好みの車高調整が可能で、走りを左右するダンパーの減衰力を調整できるモノもある。

各部の名称&機能を改めて確認/車高調の基礎知識

ローダウンパーツの一番人気である車高調整式サスペンションキットは、基本的な作りはどのメーカーも同じだ。

つまり、雑誌などによく出てくる名称を知っておけば、パッと見ただけでもパーツを理解できるということ。

ここでは、車高調で最低限知っておきたい各部の名前や機能を説明するので、改めてチェックしておいて欲しい。

FRONT

フロントのサスペンションは、ミニバンやSUVをはじめ多くの車種に用いられているように写真のストラット式が主流。細部の違いはあれど基本的な作りは変わらないので覚えやすいはずだ。

1 / 5

「いまさら聞けない! 車高の上げ下げを好みに調整できる「車高調」ってナンダ?|車高調の基礎知識その1」の1枚めの画像
アッパーマウント_車高調を車体に固定する上側の部分。キットにより純正流用や強化ブッシュ、ピロなどがある。またキャンバー角調整機能が設けられていることも。

2 / 5

「いまさら聞けない! 車高の上げ下げを好みに調整できる「車高調」ってナンダ?|車高調の基礎知識その1」の2枚めの画像
減衰力調整ダイヤル_減衰力という乗り味(硬さ)を好みに応じて調整することができるダイヤル。多くのキットに設けられていて調整できる段数はキットによって異なる。

3 / 5

「いまさら聞けない! 車高の上げ下げを好みに調整できる「車高調」ってナンダ?|車高調の基礎知識その1」の3枚めの画像
スプリング_いわゆるバネ。車高調の多くは直巻き形状のスプリングを採用していて、直径が合えば長さや硬さの異なるものと交換することもできるのだ。

4 / 5

「いまさら聞けない! 車高の上げ下げを好みに調整できる「車高調」ってナンダ?|車高調の基礎知識その1」の4枚めの画像
スプリングシート_スプリングを支えるリング。締め込むとガチガチになり、緩めるとバネが遊ぶ。全長調整式は触らないのが吉。ネジ式はここで車高を調整する。

5 / 5

「いまさら聞けない! 車高の上げ下げを好みに調整できる「車高調」ってナンダ?|車高調の基礎知識その1」の5枚めの画像
ロアブラケット_サスペンション下側の取り付け部。アッパーマウント同様、車種固有の部分だ。全長調整式の場合は、ここの位置を上下させることで車高が変わる。

REAR

ミニバンやSUV、コンパクトカーなど多くの車種のリアサスペンションは、ショックとスプリングが別体になっている。リアの車高を決めているのは、ショックではなくスプリングと覚えておこう。

1 / 2

「いまさら聞けない! 車高の上げ下げを好みに調整できる「車高調」ってナンダ?|車高調の基礎知識その1」の1枚めの画像
アジャスター_リアの車高調整は、スプリング上部に装着されるアジャスターで行う。そのため、どうしても車高の調整幅に限りがでてきてしまうのだ。

2 / 2

「いまさら聞けない! 車高の上げ下げを好みに調整できる「車高調」ってナンダ?|車高調の基礎知識その1」の2枚めの画像
ロアブラケット_リアショックで全長を調整できるからといって縮めても車高を低くできるわけではない。リアの全長調整機能はショックのストロークを有効活用するためのものなのだ。

全長調整式とネジ式はどう違う?

最近では全長調整式が主流になってきている車高調。ただ、元々主流だったネジ式のキットも存在。基本的な違いは車高の調整方法で、ロアブラケットで車高を変えるのが全長調整式、スプリングシートで調整するのがネジ式と覚えておこう。

全長調整式/画像左から「高→低」

ネジ式/画像左から「高→低」

単筒式/複筒式って何のこと?

ショックアブソーバーを大きく分けると、単筒式と複筒式に分けられる。具体的には、使われている筒の数が違うのだ。一般的に微細な減衰力セッティングが可能なのが単筒式、一方、複筒式はストローク量を確保しやすい構造になっている。

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon