【デリカdeリカバリー計画 番外編】季節は秋ということで、カスタムデリカでキャンプへ行ってきました!

一富士、二キャンプ、三デリカ !? 絶景の富士山が望める伊豆でソロキャンプしてきました!【#デリカdeリカバリー計画 Vol.8】

気がつけば、はや秋分の日を過ぎ夏の暑さも和らぎキャンプ行くには最適な気候。伊豆の付け根に富士山が望める絶景のキャンプ場があるということで、遊びに行ってまいりました。

デリカdeリカバリー計画まとめはこちら

そもそもは今年4月、フジスピードウェイで開催のモーターファンフェスタで、スタイルワゴンのオーナーズミーティングにウッディなカスタムが魅力的なモーリスマイナートラベラーという希少車で参加したバーブ・ケネスさんと知り合ったのがきっかけ。曰く「とても魅力的なキャンプ場が地元・伊豆の函南に昨年末オープンした」という。negu
ra campgroundといって、オートキャンプできるし、直火OK、オーナーは音楽好き って、そりゃ一度行かなくちゃと思ってはや半年、ようやく仕事もひと段落。絶好の遊びに行くチャンス到来。大阪へデリカで向かう道中、一泊してきた。

まずはバーブさんの工房へお邪魔して、いろいろと興味津々なクルマを見せてもらう。そこからキャンプ場はクルマで10分くらいとかなり近い。

入り口の急コーナーを登るとそこには広大なキャンプフィールドが広がる。平日だったけれどソロキャンプやカップル、友達連れなど6〜7組。着いたその日は曇っていたので見えなかったけれど、翌朝はよく晴れて、写真でも分かるとおり富士山が臨める。まさに絶景かなのキャンプ場。キャンプ場オーナーの渡部さん自身が大のキャンプ好きで、東京から脱サラして函南に移住。クラウドファンディングと地元の人たちの応援で昨年末、思い描いたキャンプ場オープンに漕ぎ着けたそう。そのうちスタイルワゴンでキャンプミーティングとか開催できたら楽しそうだな。

絶景の富士山が楽しめた!

木を活かしてクルマをカスタム

バーブさんの工房は、元々は牛の厩舎だったところを使用。本業は木工職人で家のリフォームがメインなんだけれど、趣味の車もいじりだしたら噂が伝わってカスタムを引き受けることに。写真のディフェンダーも、オーナーさんからの要望で前後バンパーをはじめ、ボディサイド、乗降時に使用するステップや外付けの工具箱、内装はステアリング&シフトレバー、リアシート等々、ウッディなカスタムが随所に施されている。

意外と快適Yahoo!カーナビ生活

シートカバーが完成!!

やっちまった!! 擦っちまった!!

▷デリカdeリカバリー計画まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon