昼夜ともに記録映像が鮮明! スマホと連携して使い勝手抜群なドライブレコーダー【carrozzeria・VREC-DZ800DC】を実際に使ってみた!

【2022年末・最新版! ドライブレコーダー選びのいま 第4回】いまオススメのドラレコをインプレッション! カロッツェリアのフラッグシップ機は、役立ち機能が満載!

【ドライブレコーダー選びのいま #004】あまり考えたくないがドライブに事故や交通トラブルはつきもの。だが、そんなときに最新ドライブレコーダーは万が一の瞬間を確実に捉え、必ずあなたの心強い味方になってくれる。今回はドライブレコーダー選びで知っておきたいポイントからオススメ最新機種までわかりやすく解説。全7回に分けて、お届けします!

2カメラの大ヒットモデル【carrozzeria・VREC-DZ800DC】

スリムな本体に小型のリアカメラを組み合わせた2ピーススタイルで、車両前後の状況をフルHD画質で記録する。

いちばんの特徴と言えるのは同社初となる「後方車両接近検知機能」の搭載だ。後方からあおり運転車両が近づくと警報音を発するとともに画面に「後方注意!」の表示を行い、自動的にイベント録画に切り替わる。ドライバーが操作をしなくても確実に映像記録ができるのは安心だ。しかもパイオニア独自のアルゴリズムにより人の感覚にちょうど合ったタイミングで作動し、誤認識も徹底的に排除されているという。

また、STARVISセンサー採用のナイトサイトを搭載し、従来品の1/100以下の光量でも撮影が可能。昼夜を問わず鮮明な映像記録を行える。

Wi-Fi機能搭載によりスマホ(事前に無料専用アプリをインストール)で各種の設定操作や記録映像のダウンロードができるのも見逃せないところだ。本体側で操作を行う必要がほとんどなく、使い勝手が良い。

電源はアクセサリーソケットではなく車両配線から取得する仕様で、オプションを用いることなく24時間365日の駐車監視を実現。振動を検知すると自動的に録画が開始され、当て逃げやイタズラなどの対策に有効だ。クルマから降りる際にフロントカメラを室内側に回転させれば、車上荒らし対策もバッチリだ。

昼夜ともに鮮明な記録映像

スマホとも連携して使い勝手抜群

ドライブレコーダー選びのいま まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon