ほぼすべてのアルファードに乗ったオーナーの渾身の作品は、圧倒的インパクトを放ちまくり!【TOYOTA・ALPHARD & VELLFIRE最新User Style】

白ボディにキャンディレッドが映える! カラチェンで個性派スタイルに!【トヨタ・アルファード&ヴェルファイア 最新ユーザースタイル】

受注が停止され、新型発売のカウントダウンも始まったアルファード&ヴェルファイア。とは言うものの、現行30系をはじめ、先代20系、初代10系と、依然としてカスタムシーンでは絶大な人気を獲得中。各地で行われたイベントやオフ会に集まったオーナーたちの愛車で、2022年の最新スタイルをチェック。今後のカスタムの参考に、ぜひ役立ててほしい!お邪魔したイベント&オフ会はこちら→【アルヴェルネーションワイド 5周年ミーティング(愛知県)】【Club Alphard 第11回全国オフ(静岡県)】【2022フォルテラグーナミーティング(愛知県)】

各部のオレンジをキャンディレッドへチェンジ中!

10の前・後期に乗り、20(前期ヴェルファイア)、30前・後期と乗り継いだオーナー。「20後期に乗っていればコンプリート」という、根っからのアルファード乗り(一部“ヴェル”)だ。30前期の時代、“白×オレンジ”で仕上げていて、当車でもソレは引き継がれていた。が、徐々にオレンジをキャンディレッドに置き換えている! 内装、ブレーキにオレンジが残るが、コレも変わっていくのかな? オーディオも作り込んでいて、3ウェイスピーカー&光る仕様と、見どころ満載だった!!

OWNER/MA-KUNさん
「今、徐々にキャンディに移行している。その他は……強いて言えばホイールかな。某ショップの特別仕様モデルが気になる……」。

SPECIFICATIONS
■ホイール/レオンハルトフォージド・LF-S1(20×F9.5+18 R10.0+17) ■タイヤ/ニットー(F225/35 R235/35) ■エクステリア/F=モデリスタ+フォルテ、S・R・ウイング=D.A.D、グリル=モデリスタ、ヘッドライト=ワンオフ、テール=ヴァレンティ ■インテリア/シートカバー=D.A.D、インパネ=ワンオフ ■チューニング/エアサス=ACC、アーム類=ACC+クスコ+ジェーライン、ブレーキ=イデアル ほか

ALPHARD & VELLFIRE 最新USER STYLE まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon