オトコらしいシンプル系な装いを、さり気ない女子力で華やかに演出したアルファード【TOYOTA・ALPHARD & VELLFIRE最新User Style】

ヴェルファイアを2台乗り継ぎ、このアルファードは3台目! アルヴェル一筋のオーナーは、カスタム好きの女子だった!【アルヴェル2022最新ユーザースタイル】

受注が停止され、新型発売のカウントダウンも始まったアルファード&ヴェルファイア。とは言うものの、現行30系をはじめ、先代20系、初代10系と、依然としてカスタムシーンでは絶大な人気を獲得中。各地で行われたイベントやオフ会に集まったオーナーたちの愛車で、2022年の最新スタイルをチェック。今後のカスタムの参考に、ぜひ役立ててほしい!お邪魔したイベント&オフ会はこちら→【アルヴェルネーションワイド 5周年ミーティング(愛知県)】【Club Alphard 第11回全国オフ(静岡県)】【2022フォルテラグーナミーティング(愛知県)】

ブラックディスクのホイールに映える、ピンクのロックナット!

とにかくクルマが大好きでヴェルファイア2台を乗り継ぎ、アルファードだけでもこれが3代目というアル&ヴェルひと筋のAkinoさん。ゴテゴテしたスタイルが好みではなく、基本的に狙うのはシンプル系。だからエアロは大きすぎず、でも適度にイカツくてスポーティなアヴァンツァーレで統一している。さらに足まわりは、チームのメンバーに影響されて採用したというイデアルのエアサス、スーパーマキシマム。ボディ下のフラップとの相乗効果で、フォルム全体がより低く見えているのもポイントだ。フロント5度、リア6度というちょうどいい角度なキャンバーが効かされたホイールは、骨太で力強いワークのジスタンス。アルのボディマスとのバランスも絶妙で、ロックナットはさり気なくピンク。女子らしさもサラリと足した。

OWNERAkinoさん
「ヴェルファイア2台、アルファード3台。エルグランドも含めて、ミニバンのフォルムが好きなんです。シンプル系がこだわり」。

SPECIFICATIONS
■ホイール/ワーク・ジスタンスW5S(21×10.0) ■タイヤ/ATR&ナンカン ■エクステリア/F・S・R=アヴァンツァーレ ■チューニング/エアサス=イデアル、イージープロ、マフラー=アヴァンツァーレ

ALPHARD & VELLFIRE 最新USER STYLE まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon