思わず二度見したくなるほど刺激的なカラーリング! とどめはボンネットゴーストペイント!【TOYOTA・ALPHARD & VELLFIRE最新User Style】

見える!? ボンネットのゴーストペイント! ホイールはセミオーダーカラー!【アルヴェル2022最新ユーザースタイル】

受注が停止され、新型発売のカウントダウンも始まったアルファード&ヴェルファイア。とは言うものの、現行30系をはじめ、先代20系、初代10系と、依然としてカスタムシーンでは絶大な人気を獲得中。各地で行われたイベントやオフ会に集まったオーナーたちの愛車で、2022年の最新スタイルをチェック。今後のカスタムの参考に、ぜひ役立ててほしい!お邪魔したイベント&オフ会はこちら→【アルヴェルネーションワイド 5周年ミーティング(愛知県)】【Club Alphard 第11回全国オフ(静岡県)】【2022フォルテラグーナミーティング(愛知県)】

忠実に再現したキッズカーも見どころです!

赤を基調に各所をセットアップしている北山さん。ボディ色はダークレッド、そこに赤いホイール、レッド化したエンブレム等を組み合わせている。カスタムカラーのワーク製ホイールは見どころのひとつだし、迫力満点の足まわりもポイントだが、まずはボンネットに注目! ローハン作のカスタムペイントがあるのだ!! 光が当たって際立つゴースト仕様で、はじめ気付かず、通り過ぎる時に思わず二度見する……なんて人もいるかも!? 「色は赤(エンジ系)、黒、メッキと3色程度に抑えている」と語る北山さん。バランスよく仕上げた、トータルでの存在感が光る1台なのである。ユニークなのは、その筋で人気のアルファードのキッズカーを持ち込んでいたこと。しかも、ローダウン、ボディ色&ボンネットまで忠実に再現。この2台(?)を並べて写真を撮る人も多かったゾ。

OWNER/北山さん
「12月で車検。クルマを丸っと買い替えようかな。30後期へ。走行距離リセットです(笑)。それからLM化し、クールのバンパーをつけ……」。

SPECIFICATIONS■ホイール/ワーク・グノーシスCVX(20×10.0F+20 R±0) ■タイヤ/ニットー(235/35) ■エクステリア/F・S・R・ウイング=クール、ボンネットグラインダータトゥー ■チューニング/エアサス=エアフォース、イージープロ=ティーディメンド、アッパーアーム=クスコ、キャリパーカバー=クール

ALPHARD & VELLFIRE 最新USER STYLE まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon