オーニング+ルーフテントは、キャンプ初心者に実は最適!? 悪路もガンガン走るジムニーで、アウトドアライフを満喫!

#クルマもアウトドアギアだ! 到着即「冷たいビール」(笑) スピーディな設営&撤収ができるギアを紹介!

積む、運ぶ、移動する、今時のアウトドアではクルマは不可欠。車種選びはもちろんだが、車高をリフトアップしたり、ルーフラックを付けたり、それぞれの用途に合わせてカスタマイズする。オーナーそれぞれに、好きなスタイルはさまざま。ライフシーンに合わせて、選び、統一感を出し、長年にわたり愛用してゆく。それはまさにアウトドア・ギアそのものだ。カッコ良さと機能性、どちらも譲らずに仕上げられた「相棒」を集めてみました。

キャンプ初心者でもすぐ始められる!

オリジナルパーツの開発からユーザー車のカスタマイズまで何でもこなし、ジムニーのノウハウが豊富な静岡のOGベース。またアウトドアの知識にも精通しており、ジムニーでキャンプに挑戦したいというユーザーもバックアップ。デモカーであるJB64ジムニーは見るからにハードなオフロードスタイルという出で立ち。さらにキャンプで役立つギアをセットアップして、目的地で快適に過ごせる仕様となっている。ルーフトップテントとサイドオーニングは、OGベースが信頼を寄せているオーストラリアのARB。普通のキャンプなら、用品店で買ったテントやタープを広げてコツコツとペグを打つという地道な作業が待っている。しかしあらかじめクルマにテントやオーニングを装着していれば、目的地に着いた時に広げるだけ。設営の手軽さは雲泥の差。

「地面に設営するテントもアウトドアの醍醐味だと思いますが、ルーフトップテントとサイドオーニングなら5分もかからずに設営でき、すぐビールを飲みながらまったりできる。いかにラクに設営できて、サッと撤収して帰れるかが、キャンプ初心者が求めていること。荷物を少なくでき、気軽にキャンプに行けるのが魅力ですね」。

またキャンプをする場所まで辿り着くには、ハードな道を越えなければならないケースが多い。だから足まわりのカスタマイズも必要不可欠。OGベースのオススメは、オールドマンエミューのダンパー。オーストラリアの老舗ブランドで、しっかりとした乗り味に定評がある。さらに舗装路でも安心して走れるように、ステアリングダンパーも追加。ハンドリングが落ち着き、高速道路での安定感が違う。オンとオフを両立できる1台なのだ。

SPECIFICATIONS
MODELS:スズキ・ジムニー(令和2年式)
●WHEEL:ラグナIMX16(16×5.5J)
●TIRE:ヨコハマ・ジオランダーM/T G003
●SUSPENSION:OLD MAN EMUショックアブソーバー、OLD MAN EMUステアリングダンパー
●EXTERIOR:OGBフロントバンパーBキット&リアバンパー&スキッドプレート、ウインチメンバー、ウインチベッド、リアマルチステップL 、オーバーフェンダー、ナンバー移動キット、チタン風エンブレム 、ヒッチメンバー、ARB製ベースラック、エスペランスルーフトップテント、ARBオーニング  、WARN VRX45-S、ARBソリス、LEDフォグ 
●INTERIOR:ARBドロワーキット、リアゲートテーブル

クルマもアウトドアギアだ まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon