【速報! 東京オートサロン2023】RE雨宮 マツモトキヨシ APA -7始動!

えっ、マツキヨとAPA、東京オートサロンに関係あるの!? D1GPに激震!? 2023年、RE雨宮レーシングを2つの巨大スポンサーが応援

スーパーGT選手権を戦ったプライベーターRE雨宮レーシングチームで長く協力関係にあった「マツモトキヨシ」、そして「APA」が、RE雨宮の2023年のモータースポーツ活動をスポンサードすることになった。

東京オートサロンにクルマでやってきたら、最初の階段から見えるブースがRE雨宮。FD3S RX-7などのマツダ・ロータリーエンジン・スポーツカーに流麗なエアロワークを施したボディを与えてカスタマイズしたデモカーは、これぞ東京オートサロンといえるシンボル的な存在だ。

そのRE雨宮は、エアロ系のカスタマイズだけではなく、軽くてパワフル、そしてコーナリングが素晴らしい歴代RX-7をモータースポーツでも活躍させてきた。

富士フレッシュマンレース(のちにチャンピオンレース)、全日本GT選手権(のちにスーパーGT選手権)などでの活躍もその経歴を輝かせている。

そんなRE雨宮が昨今、力を入れているのがドリフト競技の最高峰、D1グランプリシリーズD1GPと、タイムアタックの最高峰、Attackへ参加だ。

ココに来て昨年より、ドラッグストアの大手「マツモトキヨシ」が1998年にはじまり2003年までの全日本GT選手権以来、実に19年ぶりでRE雨宮をD1GPでスポンサード。4ローターFDに黄色地に「マ」の字を浮かび上がらせた。

その名も「RE雨宮 マツモトキヨシ APA -7」

さらに2023年の今年、APAホテルを擁するアパグループがRE雨宮レーシングのスポンサーにつくことが東京オートサロン2023現地で発表された!

この時代にあって、コレだけ大きなスポンサーが同時にバックアップしてくれる状況はスゴイこと。

さらなるその躍進に期待したい。

著者プロフィール

古川 教夫 近影

古川 教夫

クルマとバリアフリー研究家。基本は自動車雑誌編集&ライター&DTP/WEBレイアウター。かつてはいわ…