ミニトラックの荷台にカスタムインストール! 超迫力の低音サウンドを鳴らしまくり!

初代エスクードのUSモデル”サイドキック”の荷台に特大サブウーファーをインストール! 走る音響装置が完成!【SEMAショー2022リポート】

アメリカで最も大きいカスタムカーショーとして知られているSEMAショーが、2022年11月1日〜4日にラスベガスで開催された。ここ数年、トレンドとして最も勢いを感じさせるオーバーランドを中心としたSUVカスタムはさらに飛躍!世界の富裕層をも取り込むラグジュアリー路線も拡大している。また、古いクルマをベースにEV化するキットも多くのメーカーから発売されるなど、EV化の流行はカスタムカーの世界にも普及。そんなアメリカならではのムーブメントをご紹介します。

SEMA SHOW2022 まとめはこちら

走る音響装置と化したミニトラック

アメリカではなぜかSidekick(サイドキック)という車名で販売されていた初代エスクード。当時GMにもOEM供給されており、こちらはそのOEM版であるシボレー・トラッカーの2ドアモデル。小さな荷台に巨大なスピーカーボックスを搭載し、RADオーディオのサブウーファー、JBLのドライバー、Carzusのアンプをインストール。

SEMA SHOW2022 まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon