【速報! 東京オートサロン2023】創立50周年を祝い、モータースポーツ競技車両やハイパフォーマンスカーが居並ぶブースでミニバンを叫ぶ

創立50周年を祝うHKSのブースでミニバン&SUVオーナーがチェックすべきものを訊いてみた!|東京オートサロン2023

アフターパーツメーカーの老舗であるHKSが創立50周年を迎えた今年。東京オートサロン2023でも、通常の新製品展示のほか、その歴史を振り返る特設ブース「HKS 50th MUSEUM」も展開し、その歴史に華を添えている。そんなブースでミニバン&SUV用パーツの展示はあるのか訊いてみた。

チューニング・カテゴリーのパーツ展開が多いだけに、展示車も今年は歴代の競技車両やスポーツカー系が多くなっており、ミニバン、SUV系オーナーにとって、ブースに見どころがあるのか、いささか不安になる部分も。

そこで、HKSブースにて、単刀直入に「ミニバン・SUV系のオーナーがチェックすべきものがあるのか」を訊いてみた。

HKS HIPERMAX S をチェックせよ

減衰力特性、耐久性、美観。すべてを進化させHKSサスペンション史上最高の「走り心地」を提供するという最新スペック車高調、ハイパーマックスS。そのラインアップに新型RAV4&ハリアー用が加わるとのことでRAV4用が展示されていた。リリースは春を予定しており、まずはハイブリッド用から対応するとのこと。SUV系の車高調ラインアップは少なく、久々のリリースになるという。また、ハイブリッド用がリリースされたばかりのアルファード用もディスプレイされており、今後FF用を開発していくとのコトだ。

HIPERMAX Performance Packageも現地で確認できる

現在、アルファード&ヴェルファイアのみが用意されている、HKSサスペンション史上初となるこだわりのパッケージ商品となる「ハイパーマックス パフォーマンス パッケージ」も展示あり。

このパッケージはHKSのハイパーマックスダンパーと、ヤマハ発動機のパフォーマンスダンパー、そしてアイシン製のドアスタビライザーがセットとなっている。なお、ハイパーマックスダンパーとヤマハのパフォーマンスダンパーは、それぞれ通常市販品とは異なる専用チューニングが施されたパッケージ専用品になっているという。

著者プロフィール

古川 教夫 近影

古川 教夫

クルマとバリアフリー研究家。基本は自動車雑誌編集&ライター&DTP/WEBレイアウター。かつてはいわ…