ドリフトやレースといったハードユースがターゲット! SデザインのGR86は、すべてがアグレッシブすぎる!【東京オートサロン2023】

マジでGR86? Sデザインの衝撃ワイドボディカスタムに卒倒寸前です|TAS2023

一見、車種不明とも思える独特の存在感を放つブルーのボディ。手掛けたのは富山県のSデザイン。車名のSD3は2018年にNDロードスターをベースに製作されたSD1、翌年のZN6・86ベースのSD2に続く、同社3番目のモデルであることを表している。

ドリフトやレースなど、スポーツ走行を意識

「どちらかと言えばラグジュアリー指向だった過去2モデルに対し、SD3はドリフトやレースといったハードユースを想定したコンセプトでまとめています」と語るのはSデザインの佐野代表。興味深いのはフロントには大型のアンダーウイングが装着されているものの、リアにはモータースポーツシーンでは定番とされているGTウイングは備わらず、フィン形状のスポイラーのみとなっている点。これはGTウイングに頼らず、ボディ全体の空力でダウンフォースを稼ぐ、という考え方に基づいたもの。もちろんサーキットだけでなくストリート用としても販売予定。SD1、SD2同様、人とカブるカスタムは嫌いという超個性派ユーザーの注目を大いに集めそうだ。

スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部/Photos by 西野キヨシ Text by 高橋陽介

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon