【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ | 1枚目の写真(全8枚)

「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の1枚目の画像
「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の2枚目の画像
「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の3枚目の画像 フロントディフューザーは純正バンパーの底に追加するハイエッジな逸品。3D感、ワイド感、そしてロワード感が強い、Fスポーツ専用エアロだ。
「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の4枚目の画像 フロントからの流れを巧みに継承し、ボディサイドを一段とスポーティに彩るディフューザー。末端部にカナード風のフィンが付く。
「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の5枚目の画像 TOM'S
「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の6枚目の画像 純正バンパーにある左右のダクト縁に貼り付けるガーニッシュは、あるとないでは雲泥の差といえる。純正ラインに沿って貼り付けるL字型で、エッジが強まり、見た目のワイド感も必然的に高まる。全車対応。
「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の7枚目の画像 TOM’S
「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の8枚目の画像 物足りなさの残るバックドアのアクセントとなるトランクリッドスポイラー。取り付けに新規の穴開けは不要で、両面テープを使って単純に貼るだけで楽しめる。あえてブラックアウトして存在を強調するのもあり。
  • 「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【レクサス・RX450h】52ミリ増のオーバーフェンダーで、貫禄十分なチューナーズスタイルへ」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク