キラキラナシよ! レクサスLMのメッキグリルを、色変更してイメチェンしてみた!

【純正でメッキ加飾満載】いま話題のミニバン『レクサスLM』でクロームデリートするとどうなる!?|クロームデリートのすすめ

いま注目されているカスタムのひとつがクロームデリート。メッキ部分をなくすテクニック。レクサスLMで、そんなアレンジを実践してみた。

クロームデリートのすすめ

レクサスLMでクロームデリートするとどうなる?

脱メッキの新提案「クロームデリート」。高級感を演出するメッキ系パーツは、純正でも多く使われている。もちろんその効果は一目瞭然の煌びやかなものだが、ここまで多くのクルマでメッキ系アレンジが使われていると、逆を狙いたくなるのがカスタム。純正メッキ部分をあえてなくすのが、クロームデリートだ。いきなりクロームデリートと言われてもちょっと不安、という人も多いはず。そんな時はデジタル技術を駆使すればイメージを掴みやすい。ということで、メッキパーツがかなり気になるミニバン「レクサスLM」で仮想クロームデリートやってみました。

レクサス LM LEXUS カスタム 脱メッキ クロームデリート
LMの象徴スピンドル
ホワイトも意外とあり!?

イマドキのデジタル技術はホントに凄い。「メッキ部分をマットブラックなど、色を付けてくれませんか?」と軽く頼んではみたものの、どこまでリアルに表現できるか実は不安も。それが全3色、かなりリアルに仕上がってきた。

レクサスLMの象徴でもあるスピンドルグリル。そのグリルを囲むメッキガーニッシュの存在感はかなり高い。そしてフォグランプを囲むL字形状のガーニッシュ、ここがクロームデリートの施工場所。

今回、マットブラックのほか、マットホワイト、マットブルーの3パターンを作ってみたが、どれも意外なほど違和感のないスタイルに仕上がった。

特にマットホワイトは、メッキとは異なる上質な雰囲気に。落ち着いた印象のマットブラック、カジュアルさも合わせ持ったマットブルー、組み合わせ次第でカスタムの幅も大きく広がりそう。

失敗のない選択はおそらくマットブラック、しかしあえてのはずしカラーも、より個性的なスタイルに仕上がるはず。


「【純正でメッキ加飾満載】いま話題のミニバン『レクサスLM』でクロームデリートするとどうなる!?|クロームデリートのすすめ」の1枚めの画像

LMでポイントになるのがスピンドルグリルの縁周り、そしてバンパー両サイドのガーニッシュ。リアバンパーのボトムまわりも攻略すれば印象は一気に変わるはず。

メッキの煌めきとは異なる、上品なフロントフィスに

マットブラック
マットホワイト
マットブルー
純正


「【純正でメッキ加飾満載】いま話題のミニバン『レクサスLM』でクロームデリートするとどうなる!?|クロームデリートのすすめ」の1枚めの画像純正

SPECIAL THANKS:エイムゲイン

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon