Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. テクノロジー
  3. ニュース

先進的なインテリアに対応するための新しいエアバッグ ZF、シート一体型の先進的なセンター・エアバッグを開発

  • 2017/06/07
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

♣ 乗員保護を強化し、ファーサイド(自分から遠い側)の衝突時に頭部の横揺れと乗員相互の衝突を減らす新しいアプローチ
♣ シート一体型システムは、未来の車両や新しいモビリティのための先進的なインテリアに重要
♣ ファーサイド・センター・エアバッグは、センター・コンソールの有無にかかわらず使用可能
(以下プレスリリースより)

ZFは、さまざまな衝突状況に対応して乗員の極端な動きを抑えることができるよう、先進的なセンター・エアバッグ・システムを新たに開発した。このシート一体型システムは、未来の車両や新しいモビリティの先進的なインテリアに対応するためにも重要である。今後変化していくことが考えられる車のインテリアや将来の可能性(可動式シートや新しいインテリア部品など)に対応することは、安全性に関する最優先課題となっている。ZFとフォーレシアは先日、シートを中心とする将来の安全に関するコンセプトを開発するため、パートナーシップの締結を発表した。

新しいセンター・エアバッグは、背もたれの車体中央側の側面上部から展開するため、センター・コンソールがなくても乗員を正しい位置に保持できる。主な目的は、ファーサイドの衝突時に乗員が車内の中央に移動してしまうのを抑え、前列の乗員に衝突するリスクを減らすことにある。

ZFでアクティブ&パッシブ・セーフティ事業部のインフレータブル拘束システム担当エンジニアリング責任者を務めるダーク・シュルツ(Dirk Schultz)は、次のように述べている。

「Euro NCAPは、2020年に新しい試験手順を導入することを検討しています。この新しい手順では、側面の耐衝撃性評価として、ファーサイドの衝突保護がますます重要になる見込みです」

新しいシステムでは、外部エアバッグ・テザーを内側リヤシート・フレームに取り付け、展開時にエアバッグを正しい位置に維持できるようにしている。また、小型で特殊な形状のエアバッグを採用しており、乗員の肩部を受け止め、上肢や頭部が極端に内側に動いてインテリア部品や他の乗員に衝突しないように、必要となる硬さを高圧によって得ている。

ZFは、ファーサイドの衝突時に役立つあらゆる技術を開発している。追加支持部としてセンター・コンソールを使用するファーサイドのセンター・エアバッグに関してはすでに実績があるが、すべての車両が同様の設計特性を有しているわけではない点も理解している。新しいコンセプトでは、より多様な乗員や衝突状況に対応でき、将来、安全性に関して5つ星評価を得るために役立つ。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ