日本板硝子:世界初のフル拡張現実ヘッドアップディスプレイ対応ガラスがメルセデス・ベンツ社のフラッグシップモデルに採用

NSGグループの、フル拡張現実ヘッドアップディスプレイ(AR-HUD)対応ガラスが、メルセデス・ベンツ社のSクラス最新モデルに採用されている。

 長年培ったメルセデス・ベンツ社との信頼関係に基づき、日本板硝子は、世界初のAR-HUDという先端技術を実現するためのパートナーとして選ばれた。高画質ディスプレイに対応する、この最先端で複雑なガラスを開発するために、同社独自のアドバンスドプレスベンディング技術(高精度プレス工法*1)もさらにグレードアップした。

 フロントガラスにはHUDの機能を補助すべく開発された画期的な凍結防止技術も使われている。これは熱線を使わずソーラー反射技術でフロントガラスを加熱するもので、見えないヒーティングとも言える。フロントガラスに使われることで車全体のソーラー反射が高まり、快適な車内を実現できる。

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部