日立:BMWグループが、ハイブリッドクラウドに向けた取り組みを加速するため、日立ヴァンタラ社の提供するEverFlexのデータソリューションを採用

日立・EverFlexのウェブサイトより
日立ヴァンタラ社は、BMWグループにおける今後6年間のエンタープライズ・クラウドストレージおよびデータ管理の主要な戦略的パートナーの1社に選ばれた。今回BMWグループに採用されたEverFlex from Hitachi(以下、EverFlex)のポートフォリオの一つであるStorage as a Serviceソリューションは、BMWグループのITインフラ管理を自動化、簡素化し、ミッションクリティカルなオペレーションの信頼性をこれまで以上に維持される。また、新たなデータ管理機能により、BMWグループのハイブリッドクラウドへの取り組みと、同社がイノベーションとサステナビリティのリーダーとしての役割を推進することを支援する。

 自動車メーカーは、より持続可能な製造と自動運転、電気モビリティに向けたグローバルな取り組みに向けて、自社の生産とその基盤となるITインフラを、集約的なデータ駆動型の環境で運用しつつ、規模を拡大していくことが求められている。新しい市場の需要を予測し対応するには、クラウドによって実現されるデータドリブンな洞察(インサイト)と意思決定によって、製造からドライバー体験までのすべてを最適化する必要がある。日立ヴァンタラ社が提供するEverFlexポートフォリオのAs a Service型インフラストラクチャ・ソリューションの従量課金型モデルは、ハイブリッドクラウドを利用する企業のニーズに対応することができる。EverFlexにより、BMWグループのような企業は、イノベーションを加速し、高信頼な生産や、データ管理やデジタルインフラストラクチャの変更を柔軟におこなうことが可能になる。BMWグループは、このような柔軟性により、俊敏で気候変動に左右されず、より効率的で便利な未来のモビリティが目指されている。

パフォーマンスの向上と環境への配慮

 日立ヴァンタラ社は2012年以来、革新的なAs a Service型ストレージ・ソリューションによりBMWグループをサポートしている。今回新たに導入されるストレージは、設置面積を大幅に縮小し、消費電力も大幅に削減するもの。これにより、CO2排出量を削減し、BMWグループのエネルギーコスト削減に貢献する。

 BMWグループはハイブリッドクラウドへの取り組みを加速させており、市場をリードするHitachi Virtual Storage Platform (VSP) 5600エンタープライズストレージを導入予定。日立ヴァンタラ社は、Gartner, Inc.(ガートナー)が発行する2021 Gartner Magic Quadrant for Primary Storageにおいて、リーダーの1社として位置づけられたことにVSP 5600のポートフォリオが大きく貢献したと考えている。
 日立ヴァンタラ社が100%データ可用性の保証を備えるVSP 5600は、要求の厳しい分析やミッションクリティカルなワークロードを超低遅延で簡単に処理できるよう設計されている。

 サポート地域については、  ドイツ、米国、中国、日本、英国など10カ国でBMWグループをサポートする。

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部