ボッシュが栃木工場でiBoosterの生産を開始。自動車の電動化・自動化を支える電動ブレーキブースター。

グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーであるボッシュの日本法人、ボッシュ社は2022年9月20日、栃木工場において電動ブレーキブースター「iBooster」の生産を開始したことを発表した。同工場では、日本の自動車メーカーの小型車への要望に対応した派生製品「iBooster compact」の生産も、同時に開始されている。

電動化および自動化の進展に伴い、ハイブリッドおよび電気自動車などの低負圧・無負圧に対応し、優れたエネルギー回生と快適なブレーキ制御を担う電動ブレーキブースターへの需要が高まりを見せている。ボッシュはiBoosterの世界生産台数を、現在の年間800万台から2026年には1,100万台まで拡大し、そのうち約6割を日本の自動車メーカー向けに納入する予定としている。このような背景から、ボッシュではiBoosterの最大の顧客である日本の自動車メーカーからの要望に迅速かつ柔軟に対応することができるよう、iBoosterを栃木工場で製造することを決定した。iBoosterは、負圧を必要とせず、ペダルフィーリングのカスタマイズ、衝突被害軽減ブレーキの性能向上、優れた回生効率、そして自動運転下における冗長性など、高性能なブレーキ性能を実現する新しい電動ブレーキブースターである。なお、ボッシュは今回の生産開始に対して、製造設備費として30億円を投じている。

栃木工場は1990年の設立以来、四輪向け横滑り防止装置(ESC)や四輪、二輪向けアンチロックブレーキシステム(ABS)など、ブレーキ関連製品の製造で長きにわたる実績を有している。また、iBoosterの製造には、ドイツと同様の最先端の自動化技術を導入することで、生産性ならびに品質の向上が図られている。

栃木工場 概要

所在地 栃木県那須塩原市北赤田1588-1
操業開始 1990年4月
主要生産品 iBooster、横滑り防止装置(ESC)、四輪、二輪向けアンチロックブレーキシステム(ABS)、センサー
従業員数 517名(2022年7月1日現在)

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部