ZF社が商用車用次世代オンボードコンピュータ「SCALAR EVO Touch」をワールドプレミア。

ゼット・エフ社から提供される「SCALAR EVO Touch」は、ユーザーに使いやすいインターフェースを備えた高性能オンボードコンピュータシステムだ。複数のソースからの複雑なデータを分析・最適化し、ドライバーと商用車のコネクションを最大限にまで効率化する。TX-Connectと互換性があり、ZFが最近発表したSCALAR Fleet Orchestration Platformの現在および将来の機能を最大化するように設計されている。

ゼット・エフ社の商用車ソリューション(CVS)部門は、IAAトランスポーテ―ション 2022において、SCALAR対応の強力な商用車用次世代オンボードコンピュータ、「SCALAR EVO Touch」を発表した。商用車のデジタル化と業務効率化を推進するこの最先端の接続ハブは、現在の技術(ZFのTransicsブランドであるTX-Connect)だけでなく、将来の技術やデータソースへのゲートウェイをフリートへ提供する。SCALAR EVO Touchは、ゼット・エフ社初のモノのインターネット(IoT)接続ソリューションで、最近発表したSCALAR フリート・オーケストレーション・プラットフォームの機能を拡張し、その潜在能力を最大限に発揮できるようにするものである。製品はまず、EMEA(ヨーロッパ・中東・アフリカ)地域で発売される予定となっている

TX-SKYのすべての機能をサポートするSCALAR EVO Touchは、フリートが業務のデジタル化を次のレベルへ進めるための幅広い追加サポートを提供する。安全性、カスタマイズ性、豊富な機能を備え、高性能タッチスクリーンコンピュータの使いやすいインターフェイスなど幅広く含まれている。また、ゼット・エフ社の多機能バックオフィスソフトウェアTX-CONNECTと完全に統合されており、車両のCANバスおよびタコグラフにも接続されている。強力なクアッドコアCortex A53プロセッサと2GB RAMを含む最新のパフォーマンス機能を備えたEVO Touchは、TX-SKYの2倍のメモリと速度を備えている。また、32GBのオンボードフラッシュを搭載し、前モデルに比べ64倍のストレージを備えている。また、TPM(Trusted Platform Module)により、ソフトウェア、ハードウェア、データのセキュリティが強化されている。

2G、3G、4Gに対応するEVO Touchは、M2M接続専用の4G CAT M-1モデムを搭載し、5Gにアップグレードさせることも可能。また、Bluetooth 5.0クライアントとWi-Fi Direct接続を搭載している。EVO Touchは、地域のネットワークプロバイダーを切り替えるためのeUICC対応SIMカードと、「Connectivity Hub」で車両の周辺機器やセンサーを接続するための車載イーサネットポートを搭載している。また、加速度センサーとジャイロスコープを搭載しているため、接続性の低いエリアでのデータ精度を高めることができる。

SCALAR EVO Touchは、高度な接続性を活用し、高速通信で大量のデータを送受信することができる。ZF社のTX-FLEXに接続することで、より高速に、より長距離で、地域や国に関係なく統一されたフロントエンドソリューションを使用することができる。また、ヨーロッパのすべてのトラック・ブランドに対応している。

EVO Touchは、ゼット・エフ社の次世代車両接続のためのビジョンを実現する最初の製品で、最終的には接続ハブとして機能する。中央装置として、先進運転支援システム(ADAS)、ドライバー行動監視システム(DBMS)、CANバス、タコグラフ、パワーテイクオフ(PTO)装置、トレーラーデータなど、複数のタイプの車両センサーや周辺機器を接続し、情報を収集する。車両に充実したデータを参照すれば効率性と安全性が向上、運転中のイベントや衝突を分析し、将来のアクションを防止するための通信を行うことができる。車内メディアチャンネルとしては、ドライバーにカスタマイズされた情報ビデオを再生することができる。

EVO Touchは、ハードウェアとソフトウェアのすべてを自社開発し、SCALARのFleet Orchestration Platformの接続ハブとして、ZFのデジタルフリートソリューションの将来の進化を見据えた技術をあらかじめ搭載している。EVO Touchは、SCALARの潜在能力を最大限に発揮させることに加え、モビリティ・エコシステム全体で採用が進んでいる他のIoTビーコンや資産タグと自動的に統合することが可能。最終的には、車両に組み込まれた安全および効率化システムの接続ハブとして、スマートビークルに接続される予定とされている。

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部