NEC、ENEOSが新たに開始するEV経路充電サービス向けにマルチ認証・課金システムを提供

NECは、ENEOSが11月21日より新たに提供開始する電気自動車(以下「EV」)の経路充電における急速充電サービス「ENEOS Charge Plus」向けに、多様な認証手段と決済に対応したマルチ認証・課金システムを提供することを発表した。

昨今、地球温暖化への対応として脱炭素化が世界的な潮流となる中、NECとENEOSは、脱炭素化に寄与するEVの更なる普及に向けて2021年5月にEV充電事業に関する協業検討の基本合意書を締結した。本協業検討の取り組みの一つとして、2022年6月に、NECが商業施設等で展開してきたEV充電サービス事業の運営をENEOSに譲渡し、EV充電器の運用管理システムをNECが引き続き担うかたちで両社の強みを活かした新たな事業スキームが構築された。今回のマルチ認証・課金システムについても協業検討の一環としての新たな取り組みとなる。

「ENEOS Charge Plus」
会員画面イメージ(デモデータ)
「ENEOS Charge Plus」
の急速充電器

取り組みの背景と概要

現在、世界では脱炭素社会へのシフトに向けた各種取り組みが推進される中、日本国内においてもEVの更なる普及が想定されている。ENEOSは今後のEV普及を見据え、利便性の高いEV充電サービスの実現とEV充電ネットワークの拡充を目指している。こうした中、NECは、これまでのEV充電事業の運営で培った運用面・システム面の経験・ノウハウを活かし、クラウド上でEVユーザの認証や課金管理などEV充電に必要な機能をワンストップで提供できるシステムをENEOS向けに開発した。

ENEOSが全国12,000カ所超のSSネットワークを活かしてEV急速充電器の設置拡大を目指す中、NECは、EV充電器向けのマルチ認証・決済エッジ端末の開発・導入から、充電の状況・実績を管理するマルチ認証・課金クラウドサービスまでをトータルで提供する。今回提供されたマルチ認証・決済エッジ端末は、FeliCa※などの非接触型ICカード認証や、電子マネー・非接触クレジットカード・QRコードなど様々な決済方法に対応しており、EV利用者の多様なニーズに応えることでENEOSが目指す利便性の高い充電サービスの実現へ寄与する。

NECは、「NEC 2030VISION」において「地球と共生して未来を守る」を掲げており、環境負荷を減らし、持続可能な社会の実現を目指している。今後も、EV充電ネットワークを通じた新たなサービスの創出に向けてENEOSとの協業検討を継続し、脱炭素社会やサーキュラーエコノミーの実現が目指される。

※FeliCaはソニー株式会社が開発した非接触型ICカード技術方式。FeliCaはソニー株式会社の登録商標。

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部