パイオニアのモビリティAIプラットフォームの新サービス「Piomatix LBS API」、電脳交通のクラウド型タクシー配車システムに採用

パイオニアのモビリティAIプラットフォームの新サービス「Piomatix LBS API」が、電脳交通のクラウド型タクシー配車システムに採用されたことが発表された。配車システムにおける運行ルートの作成や、距離、所要時間の算出に「Piomatix LBS API」の「ルート探索API」が活用される。

電脳交通のクラウド型配車システムは、低コストで導入可能で、常に更新された最新機能を利用することができる。全国のタクシー事業者向けに本システムを提供することで、タクシー業界のDXを推進させている。今回、信頼性の高いルート探索性能や高精度な到着予定時刻情報が電脳交通に高く評価され、「Piomatix LBS API」の採用に至った。全国40都道府県を超えるエリアで利用されている電脳交通のクラウド型タクシー配車システムを通じて、実用性が高く正確な運行ルートを提供し、安全で便利なタクシー配車・運行の実現を支援する。

主な特長

  1. 日本の道路環境や利用状況に応じて最適化された独自のルーティングテクノロジー
    経路探索技術に関する80件以上の特許を保有しており、右左折の頻度、Uターン回避、車両の横付けのしやすさ、大型車の交通規制などの走行制約まで考慮した実用性の高いルート探索が可能。
  2. 到着時間予測精度97.2%を誇るシミュレーション能力
    全国の主要道路をカバーするVICS渋滞情報にパイオニア独自のプローブ情報を組み合わせた膨大な道路カバレッジをもとに渋滞回避ルートを提供。さらに、ルート上の信号有無や信号の待ち時間まで考慮し、実際の所要時間や到着時間に近い精度(97.2%)で予測が可能。
    ※パイオニアのプローブデータ3.8万トリップを用いた社内評価で算出した交通情報考慮オプション利用時の数値。
  3. 豊富なルート最適化パラメータに基づく「プロフェッショナルサービス」の提供
    100項目以上の豊富なパラメータの組み合わせにより、ルート算出条件を細やかに設計する「プロフェッショナルサービス」(オプション)を提供。「車種」「業種」「エリア」を含む業務特有の制約事項までを考慮した最適ルートをパイオニアのルートエンジニアがカスタムチューニングする。
上:Piomatix LBS APIを使用した配車サービスイメージ
下:タクシー端末における表示イメージ
Piomatix LBS API概要

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部