ヤンマーホールディングス:船舶用デュアルフューエルエンジン「6EY22ALDF」をLNG燃料大型石炭専用船向けに初受注

ヤンマーホールディングスのグループ会社であるヤンマーパワーテクノロジーは、商船三井が名村造船所で建造するLNG燃料大型石炭専用船の発電用機関として、船舶用デュアルフューエルエンジン「6EY22ALDF」を受注した。

 船舶分野における排出ガス規制は年々強化されており、世界各地で環境負荷が低いLNG燃料船の導入が進められている。このような市場環境の中、環境性に優れたLNG燃料とディーゼル燃料の両方をフレキシブルに使用できるデュアルフューエルエンジンは、国際海事機関(IMO)3次規制を十分に満足でき、船舶からの温室効果ガス(GHG)排出量低減に寄与することから、近年注目が集まっている。

「6EY22ALDF」は、推進用デュアルフューエルエンジン開発で培った負荷変動追従性や高い熱効率といった特長を確保しつつ、高精度な空燃比制御技術によりエンジンを常に最適な燃焼状態に維持することで高い信頼性と安定した運転を実現している。

形式 船舶用デュアルフューエル機関
機関型式 6EY22ALDF
機関定格出力 800kW
シリンダー数 6
シリンダー径×行程 220×320mm
排気量 73L
回転数 900min-1
使用燃料 LNG(液化天然ガス)/船舶用重油

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部