~オムニビジョンのCMOSセンサ+ISPと、ルネサスのオートモーティブHDリンク(AHL)ICにより、低コストで高品質な映像伝送が可能に~

ルネサス:オムニビジョンと共同、車載カメラシステム向けリファレンスデザインを提供開始

ルネサスとオムニビジョンは、高解像度(HD)車載カメラシステムの統合リファレンスデザインを提供開始した。

 本リファレンスデザインは、オムニビジョンの1.3メガピクセル対応のISP(イメージシグナルプロセッサ)搭載CMOSイメージセンサSoC「OX01F10」と、HD映像を低コストのケーブルを使用して伝送できるルネサスのオートモーティブHDリンク(AHL)ICを組み合わせたものとなっている。これにより、厳しい照明条件においても高品質な映像伝送が可能となり、小型で低消費電力かつ低コストのカメラシステムが実現される。

 自動車の運転支援システムにおいては、高精細なHD映像による物体認識機能の重要性が増している。ルネサスのAHLエンコーダ「RAA279971」とデコーダ「RAA279972」は、変調アナログ信号を用いて映像を伝送するため、HD信号をデジタル伝送する場合と比べ、必要な伝送レートは10分の1で済み、既存のアナログビデオケーブルのツイストペアケーブルや標準的な安価なコネクタを使用できる。ルネサスは、ADAS(先進運転支援システム)市場のリーダであり、AHLをR-Car SoCやRH850マイコン、車載用PMIC、アナログICなどの他のルネサス製品と組み合わせることで、実質どのクラスの自動車に対しても多くの安全機能をコスト効率よく組み入れることができる。

 オムニビジョンのSoC「OX01F10」は、低ノイズを実現するPureCel Plus技術を用いた高性能な3.0ミクロンのイメージセンサと高度なISPを統合しており、車載用リアビューカメラ(RVC)およびサラウンドビューシステム(SVS)の課題である、低照明環境でも優れた性能を発揮する。さらに、小型で超低消費電力、低コストを実現し、単一基板(PCB)設計が可能なため、信頼性も向上する。

 ルネサスの車載アナログパワー&ビデオ事業部、Vice PresidentのNiall Lyne氏は次のように述べている。
「このAHL技術を活用したリファレンスデザインは、業界リーダである両社の市場をリードする技術を結集したものです。私たちは共に、世界中のあらゆる車両クラスに向けた、効率的かつ低コストなHD映像システムの設計を可能にしていきます」

 オムニビジョンのGlobal Sales and MarketingのVice PresidentであるMichael Wu氏は次のように述べている。
「1.3MP OX01F10は、最大120dBのハイダイナミックレンジ(HDR)を実現し、高性能ISPを搭載しており、さまざまな厳しい照明条件において業界最高のイメージング性能を車載電装品設計者の方々に提供します。このセンサは小型化と低消費電力化の実現と同時にコスト効率の高いソリューションをターゲットとして、ASIL-Bシステムをサポートします。ルネサスと共に開発したこのリファレンスデザインは、今後さらに高品質で低コストなソリューションと組み合わせることにより、さらに進化していきます」


著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部