-作業現場の安全性向上に貢献-

コマツ:オペレーターの後方安全確認を光と音でサポートする「衝突検知警報システム」を電動式フォークリフトへ搭載開始

コマツは、新たに独自開発した「衝突検知警報システム」を、2.5トン、3.0トンクラスの電動式フォークリフト「FE25-2」「FE30-2」にオプション設定し、2021年10月から国内市場への導入を開始する。

 当システムは、フォークリフトの後進時に、車体後方に設置したレーダーで人・物・作業車両を検知し、警報ランプとブザーでオペレーターに注意を促す。フォークリフトに起因する事故の約半数を接触事故が占める中、特に安全確認不足になりがちな後進時のフォークリフト災害の抑制に寄与し、顧客の作業現場における安全性・生産性向上を実現する。

 当システムは、古河AS株式会社製の周辺監視レーダー(型式:MMR1C)を採用している。周波数24ギガヘルツ帯を使って電波パルスを送り、反射したパルス波を分析して対象の相対速度と位置を検知する。日射や気象条件の影響を受けにくいことから、様々な環境下において安定した検知が期待できる。また、警報範囲はタイヤの向きから予測した車両の進行方向と走行速度に連動しているため、オペレーターへの不要な警報を低減し、快適な作業環境の実現と生産性の向上に貢献する。今後は、フォークリフトだけでなく建設機械への標準装備やレトロフィットキットへの展開を順次行うとともに市場要望の収集やサポートを行い、更なる安全支援システムの機能向上を目指す。

システムの主な特長

1. 衝突の危険度合いに応じた2段階警報
レーダーで検知した対象の相対速度と位置から予測した、衝突の危険度合いに応じて、注意喚起範囲と警告範囲の2段階の範囲を設定した。警報ランプの点滅間隔と警報ブザーの断続音の違いで、危険度をオペレーターに知らせる。

2. 進行方向と走行速度に連動した警報範囲
後進時にステアリング角度(タイヤ切れ角)から進行方向を予測し、その方向に衝突の危険性がある場合にオペレーターに警報を発する。車両の進行方向外にある人、荷物等に対しては警報を発しないため、オペレーターへの不要な警報を低減している。

3. 検知対象にタグやセンサーが不要
レーダーが人、荷物や作業車両を検知するため、検知対象側にタグやセンサーの取り付けは不要となる。

【対象機種】
・「FE25-2」「FE30-2」
※既に使用する「FE25-2」「FE30-2」には、レトロフィットキットを準備中(近日発売予定)
・「FE25-1」「FE25H-1」「FE30-1」にも、レトロフィットキットを設定

【公表価格】
・FE25-2 (2.5トン車)用 470千円
・FE30-2 (3.0トン車)用 480千円

衝突検知軽減システムを搭載したFE25-2

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部