IHI:碧南火力発電所5号機における燃料アンモニアの小規模利用を開始

JERAおよびIHIは、10月6日、JERAの碧南火力発電所5号機において、燃料アンモニアの小規模利用試験を開始した。

 JERAとIHIは共同で、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成を受け、大型の商用石炭火力発電機において燃料アンモニアの大規模な利用(熱量比20%)を行う実証事業に取り組んでいる。事業期間は、2021年6月から2025年3月の約4年間で、2024年度に碧南火力発電所4号機において、アンモニアの20%混焼を目指している。

 10月6日に開始した5号機における燃料アンモニアの小規模利用は、4号機での大規模混焼に用いる実証用バーナの開発を目的としたもので、バーナ全48本中2本を試験用バーナに改造し、同日から2022年3月までの約6ヶ月間、材質の違いによる影響や実証用バーナに必要な条件を調べる。
 使用するアンモニアの量は約200トンで、同発電所敷地内の脱硝用アンモニアタンクから5号機の試験用バーナに供給される。

 JERAおよびIHIは、火力発電所におけるCO₂削減技術の確立を目指し、2024年度に計画するアンモニアの大規模混焼に向け、実証事業のステップを確実に進めていく。

脱硝用アンモニアタンク

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部