パナソニック:NDI、NDI|HXによるIP伝送を実現 ライブスイッチャーAV-UHS500用NDI対応NDI I/Fユニットを開発

パナソニック コネクティッドソリューションズは、2020年2月に発売したコンパクトライブスイッチャーAV-UHS500用のオプションユニット「NDI I/FユニットAV-UHS5M6G」を開発し、2022年春の発売を予定している。これによりAV-UHS500では、12G-SDIおよびHDMIに加えてNDI®※1、NDI®|HX※1経由でのIP伝送が可能となる。

 昨今のライブプロダクション業界では、人材不足による業務の多忙化や現場主体の労働環境が映像制作会社の課題になっている。さらに新型コロナウイルス感染症拡大の影響により現場の省人化と密を避けた効率的な働き方が以前にも増して求められている。IP対応機器を活用した遠隔地からのリモートによるライブ映像制作は、これらの制作現場の様々な課題を解決することができる。

 AV-UHS500はNDI I/Fユニットを装着することにより、高画質・低遅延な映像伝送を実現するNDI(High bandwidth NDI)※1や、低ビットレートで安定した伝送が可能なNDI|HX(High efficiency low bandwidth NDI|HX)※1に対応。信頼性の高いハードウェアベースのスイッチャーにIPインターフェースを内蔵することで、従来のSDIシステムに加えて、外付けの変換器を使用せずにIP伝送プロトコルも利用する事ができる。AV-UHS500の本体背面に装着して使用するため、複雑な設定を行う必要もなくLANケーブル1本でIPストリーミングシステムを構築可能。準備時間を短縮し、特設会場などでも容易にリモートでのライブ映像制作環境を整えることができる。さらに、NDI※1もしくはNDI|HX※1に対応した当社製カメラ※2と組み合わせて使用することで、映像伝送からカメラコントロール、タリー出力までを1本のLANケーブルのみで行うことが可能。映像伝送だけでなくカメラ制御も遠隔で行えるため、オペレーターもカメラマンも会場へ行くことなくライブ配信を行うといった、制作現場での新しい働き方の創造を実現する。

主な特長

1.カメラなどからのNDI、NDI※1|HX※1の信号をLANケーブルで直接AV-UHS500へ入力可能
2.AV-UHS500から配信用PCまで、NDI※1信号でLANケーブル1本での接続が可能
3.ハードウェア処理により信頼性の高いIPシステムを構築
4.パナソニック製NDI※1、NDI|HX※1対応カメラ※2とのシステムにより、映像伝送・カメラ制御に対応したリモートライブプロダクションが可能

  • ※1:ここでのNDIは、High bandwidth NDI、NDI|HXはHigh efficiency low bandwidth NDI|HXを意味する。NDIとは、NewTek, Inc.によって開発されたIP利用における新しいライブ映像制作ワークフロー支援プロトコルです。NDIはNewTek, Inc.の米国における登録商標。
  • ※2:パナソニック製4K/HDインテグレーテッドカメラおよびメモリーカード・カメラレコーダーAG-CX350。
システム構成例

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部