トヨタUS:2022年のタンドラに搭載される2つの新エンジンの生産を開始

アメリカ・アラバマ州のハンツビル、トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・アラバマ(TMMAL)は、トヨタの最新エンジンのうち、2022年の新型タンドラ用エンジンが生産ラインから初出荷されたことを祝ったイベントが開催された。この新エンジンは、ハイブリッド電気駆動のツインターボV6エンジンと、ガソリン駆動のツインターボV6エンジンで、ハンツビル生産の次世代パワートレインの新しい時代を開く。

 トヨタの新しいツインターボV6エンジンラインは2億8800万ドル(約330億円)の投資の一部であり、450人の新規雇用をもたらした。これはトヨタ・アラバマ社の中では最大の雇用ニーズであり、工場の層雇用数は1,800人にまで増加した。当初、2019年2月に発表されていたこのプロジェクトの完成により、トヨタ・アラバマ社の5回目の拡張が行われた。トヨタ・アラバマ社の累積投資額は12億ドルで、現在は年間90万台のエンジン生産能力を誇っている。

 トヨタ・アラバマは、2022年タンドラ用の両エンジンモデルを北米で唯一生産しており、同工場で働く1,800人の従業員に長期的な雇用の安定をもたらしている。

 トヨタ・アラバマのジェイソン・パケット社長は以下のように語った。
「新型タンドラのエンジンを製造する唯一の工場として選ばれたことで、アラバマのチームメンバーは、トヨタが我々に寄せる信頼を認識しています。新型ツインターボV6の発売と20周年を迎えたことで、トヨタ・アラバマを “世界のエンジンの中心地 “と言わしめた素晴らしいメンバーに恵まれていることを実感しています」

 142ヤードという、北米で最も長いトヨタのエンジンラインで、2022年タンドラ用のツインターボV6エンジンの両オプションが製造されている。V6ターボラインでは、58秒ごとに新しいエンジンが生産され、毎月18,000台のエンジンを生産することができる。これらの追加エンジンにより、トヨタ・アラバマ州のエンジン生産能力は、年間最大90万台となる。

2022年発売の新型タンドラは、今年後半に発売される。標準のi-FORCE 3.5Lツインターボは、最高出力389ps、最大トルク479lb.ft.を発揮する。i-FORCE MAXでは、最高出力437ps、最大トルク583lb.ft.を発揮し、トヨタのラインナップの中で最もパワフルなエンジンとなる。

 ケイ・アイビー知事は以下のように語った。
「この20年間、アラバマ州とトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・アラバマ社は、相互に有益な関係を築き、アラバマ州民に素晴らしい成果をもたらしてきました。トヨタが2億8800万ドルを投じて新型ツインターボV6エンジンを生産することは、アラバマ州がビジネスに開かれているだけでなく、ビジネスを行うのに最適な場所であることを示し続けています」

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部