~NEDO『カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2排出削減・有効利用実用化技術開発』に採択~

神戸製鋼所:CO₂削減に貢献する製鋼スラグの炭酸化技術の開発について

神戸製鋼所および神鋼環境ソリューションは、この度、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の『カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2排出削減・有効利用実用化技術開発』において「製鋼スラグを活用したCO2固定化プロセスの開発」のテーマを提案し、採択された。(事業期間:2021度~2024年度)

 鉄鋼スラグ※1は鉄鋼製品の製造工程で発生する副産物であり、土木や建築用資材向け製品などとして、ほぼ100%が有効活用されている。また、環境負荷低減に資する製品として、その多くがグリーン購入法※2の公共工事における特定調達品目に指定されている。

 この鉄鋼スラグには鉄鋼材料の不純物(P、Sなど)を除去するために必要なCaなどのアルカリ成分が含まれている。これらのアルカリ成分はCO2と反応しやすいことから、近年、鉄鋼スラグはCO2固定化に有用な素材として注目されている。

 鉄鋼スラグへのCO2固定化技術においては、固定化後の生成物である炭酸塩の利用価値向上により、経済性を高めることが重要である。但し、鉄鋼スラグにはアルカリ成分以外の不純物も含まれており、利用価値向上のためには炭酸塩の純度を高めることが課題である。そのため、KOBELCOグループでは環境負荷低減への更なる貢献を目指し、鉄鋼スラグの中でも、特に有用なアルカリ成分を含む製鋼スラグへのCO2固定化技術の開発を進められている。

  • CO2固定化プロセス要素技術開発
    (スラグからのCa 抽出技術の開発、炭酸化技術の開発、溶媒循環技術の開発、全体プロセスの検討)
  • 生成物有効利用方法の開発
    (Ca 抽出済スラグ利用方法の開発、炭酸塩利用方法の開発)

※1 鉄鋼スラグ: 高炉スラグ(高炉水砕スラグ、高炉徐冷スラグ)、製鋼スラグ(転炉系スラグ、電気炉スラグ)の総称
※2 グリーン購入法: 環境負荷の低減に資する物品・役務について、公的部門における調達の推進・情報提供により、環境負荷の少ない持続可能な社会の構築を狙いとした法令

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部