テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

ニューモデル 333件


【クネクネ急カーブ】新型カタナで首都高を走ってみた/スズキ

「新型カタナ3兄弟」を見て、乗って、比べてみた/ スズキ

【ヤマハBOLT 200km試乗レポ】バンク角はそれほどだが、攻めないことが優越感である。

【リード125試乗レポ】収納がとにかく広い! で、乗り味はフツーに素晴らしい。/ホンダ

新型スズキ・カタナで早速タンデムしてみたけれど、やめたほうがいいかも〈日本最速! 後席インプレッション〉

【新型カタナ速報インプレ】気分は西部警察・鳩村刑事!? シルバーではなく“ブラックカタナ”を選びたくなる理由がわかった

【5分で読める】国産人気バイク16台、一斉インプレ! /150〜300cc編

【5分で読める】国産人気バイク16台、一斉インプレ! /50〜125cc編

【どちらが買いか】新型W800「ストリート」と「カフェ」を比べてみた。

【見た目以外も魅力アリ】Z900RSに続き、新型「W」もCAFE! W800カフェに乗った。

カワサキW1オーナーが、新型「W800」を堪能してみた。

新型スズキ・カタナにも採用されているイージースタートシステムって何?〈GSX-R1000Rにも、SV650にも〉

【試乗レポ】細身のタイヤが超軽快!だからDio110は万人にオススメ/ホンダ

オン/オフいける!は本当か? モトグッツィV85TTで 走り込んでみた。

排気量アップで車重は増えているのに、跨って実感する“軽い”ワケ…ドゥカティ「ディアベル1260/S」のヒミツ

ドゥカティ「ディアベル」のスタイルが独特すぎるワケ。新型1260発表会で初代誕生秘話が明らかに!!

ドゥカティ・ディアベル1260がクルーザーに生まれ変わった!【 2,285,000円〜】

♯1 生粋のスーパースポーツでの街乗りは苦か楽か……Ninja ZX-10R SEで出かけてみた。/カワサキ

♯2 「これなら思い切って攻めても大丈夫」Ninja ZX-10R SEは、安心をもたらす絶対的な存在だ。/カワサキ・サーキットインプレ

一番お得なハーレーはコレ!? 理由はわずか3分、工具無しでカウル&サイドケース着脱できる→1台で2つのスタイルを味わえるから。【H-D スポーツグライド試乗】

333件中 41-60件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る