「R31スカイラインワゴンなのにクーペ顔!?」専門ショップの技が光るマニアな快速400馬力仕様

実用性重視のワゴンモデルにスポーツテイストを注入!

GTS-R以上の希少性で注目度も満点

GX71が火をつけた“ハイソカーブーム”に乗って1985年、4ドアセダン&ハードトップで登場したR31スカイライン。

同じ4ドアでもA/Cピラー傾斜角の違いによって全高はハードトップの方が低く、セダンには用意されなかったRB20DETがハードトップには搭載されるなど、セダン=ラグジュアリー、ハードトップ=スポーティという性格付けがなされていた。

一方、バンだけでなくステーションワゴンがラインナップされていたのもR31の特徴で、セダン同様、ラグジュアリー志向でまとめられていた。その角張ったスタイリングと希少性から、「R31は絶対にワゴン!」という熱狂的なマニアも存在するという。そんなレアなR31ワゴンをベースとしたチューンドを製作したのが、おなじみのR31ハウスだ。

エンジンはRB25DETをスワップ。ヘッドガスケットを東名メタル1.2mm厚に交換。排気効率とサウンドに拘りまくったR31ハウスオリジナルのEXマニとTO4Eタービンを組み合わせた仕様になる。

燃料系はポンプとレギュレーターがニスモ製に交換され、エアフロを残したままトラストのサブコン“eマネージ”でセッティング。これで330ccのノーマルインジェクター容量を使い切り、最大ブースト圧1.0キロで400psという、高回転域でのパワーと伸びを重視した仕上がりを見せる。

ちなみに、R31ハウスのEXマニはRB20/25DET用(手前/HCR32にも装着可)、RB20ET用(奥)の他、オーテックバージョン用もラインナップされる。

フロントサスは、かつてR31オリジナルとして発売されていたシルクロードベースの車高調が組まれる。リヤはKYBダンパーにR31ハウスオリジナルスプリングの組み合わせ。また、ブレーキはフロントキャリパー&ローターにR32用を流用している。リヤブレーキはドラム式だ。

室内はステアリングコラムの上にデフィブースト計を、タコメーターの前にブリッツSBC-iDをセット。赤いレザーのステアリングはイタリアのビクトリア製だ。

エクステリアは、前後フェンダーを10mmずつ叩き出して、9Jプラス11のボルクレーシングGT-Nに、245/40-18サイズのヨコハマSドライブを装着。

フロントリップ、サイドステップ、リヤアンダーはR31ハウスオリジナル。ボディカラーはミッドナイトパープルへのオールペンが施された。ゴールドのホイールを組み合わせることで、スポーティな雰囲気を漂わせている。

2ドアモデル、4ドア、ワゴンと自分に合ったモデルを選択して遊べるクルマは、80年代マシンではR31くらいなもの。そのR31を知り尽くした専門店の技が光るハイレベルなチューンドだ。

●問い合わせ:SHIBATA R31HOUSE 岐阜県加茂郡坂祝町黒岩1081 TEL:0574-28-0899

【関連リンク】
SHIBATA R31HOUSE
https://www.r31house.co.jp

著者プロフィール

weboption 近影

weboption