「2022年はトラストが面白い!!」新旧86/BRZから旧車までパワフルに展開!【東京オートサロン2022】

ZN6用のビッグタービンキットがデビュー!

トップメカによるワンオフパーツも見逃せない

ビッグ3と呼ばれる国内総合パーツブランドの中でも、ワイルドなイメージと独自目線の車種選択が魅力となっている“トラスト”。

東京オートサロン2022では、疾走感を予感させる立体的なブース展開で最新注目車のGR86から三菱アウトランダーまでバラエティに富んだマシンとパーツが披露された。

その中からWEB OPTIONがまずピックアップしたのは、新型がデビューしたことでチューニングの新展開が期待される86(ZN6)&BRZ(ZC6)。これまでにはなかったウエストゲート式のTD06-20RXタービンを軸にしたキットを用意し、さらなるハイパワー化を狙ったのだ。

想定しているのはドリフトシーンで、シルビアやツアラーVなどの定番ドリフトベースが気軽に買えなくなった今、次期主力車種として注目されている先代86/BRZの可能性を広げようとしているのだ。

ちなみに展示されていたマシンは、エンジン内部もMANLEY製の鍛造ピストンとコンロッドでしっかりと強化が図られている。

もちろん新型GR86&BRZ用パーツもトータルに展開中で、リリース済みのエアロキットやサスペンションなどに続き、高効率仕様のEXマニホールドをお披露目。2.4Lに拡大された排気量に合わせてパイプレイアウトが見直され、従来のフル42.7φから42.7→45→50→60φレイアウトとしている。

さらにトラストとしては初のラインナップとなるのが強化クラッチ。グループ企業のOS技研製シングルプレートタイプを使い、ボルトオンターボキットを設定する車種の駆動系強化パーツとしてリリースされる。

冷却系パーツも注目で、今回はFK8型シビックタイプR用のラジエターやオイルクーラー、インタークーラーを展示。これまであまり手がけていなかった車種用は、今後のターゲットの拡大を予感させるものと言えるだろう。

そして来場者からトップクラスの注目を集めていたのが、懐かしのGRACERエアロを纏ったGA61型セリカXX。こちらはグレッディファクトリーと呼ばれるワンオフパーツ製作サービスによりチューニングが施されたものだ。

市販車からレース用まで、豊富な経験とデータをフィードバックして製作されたスラッシュカットデュアルテールマフラーは、溜め息が出るほど美しい仕上がりを誇る。

1G-Gエンジンが収まるエンジンルームでは、グレッディファクトリーによるインテークサクションやデイバージョンプレートが輝く。

現行車はもちろん、絶版車まで拘りのチューニングを実現するトラストの存在は、2022年も要チェックと言えそうだ。

●問い合わせ:トラスト TEL:0479-77-3000

【関連リンク】
トラスト
https://www.trust-power.com/

著者プロフィール

weboption 近影

weboption