「仮想北米仕様など多彩なドレスアップを提案!」アクティブワークス【SPECIAL SHOP】

もし北米仕様のレヴォーグが存在したなら…

USDM要素を盛り込んだ絶品メイキング

シンプルに見えるが奥が深いというドレスアップスタイルのUSDM仕様。そんなUSDMメイクを得意とするプロショップが、福島県に店舗を構える“アクティブワークス”だ。

今回紹介するクルマのテーマは「仮想USDM」というもの。スバルのレヴォーグは北米では発売されていないが、もし存在していたらこんな仕様でリリースされていたのでは? という思いを具現化していったものだ。

このプロジェクトの始まりは、オーナーの「WRX顔にしたい」という要望からスタートしたもので、せっかくならばUSDMテイストで作っていこう、ということになったそうだ。そこで北米仕様のWRXのバンパーやグリル、サイドマーカー付きのヘッドライトなどのアイテムを投入してフェイスチェンジ。

リヤのテールランプは、純正ではバックフォグが装備されているが、北米仕様っぽくないということでキャンセル。GTグレードのシンプルなテールランプに交換するなど、細かいところにも気が配られる。

そしてUSDM仕様のハイライトとも言えるホイールのチョイスは、軽量&高剛性のフローフォーミング製法で作られているESRパフォーマンスホイールズ製のRF11(18×9.5J)をセレクト。

足回りはBCレーシングの車高調(F12kg/mm R8kg/mm)でローダウンされ、絶妙なバランス感で美しいディテールを実現している。

「ホイールのデザインや色、車高のバランス次第で“アメリカ感”を加速させることができるんです。今後はフロントフェンダーとサイドステップも北米のWRX仕様にしていきたいですね。そうすることでフロントがワイドになって、タイヤ&ホイールの出ヅラ具合やキャンバー角にも自由度ができるので、リヤとの整合性をまだまだ詰めていけますからね!」とアクティブワークスの古関さん。

これら数々のカスタマイズは綿密に計算された上で構築されたもの。オーナーの要望を最大限取り込んだ上で、いくつものカスタマイズのプランを提案できる、実力のあるプロショップならではのカスタマイズと言えるのだ。

●問い合わせ:アクティブワークス 福島県福島市太平寺堰ノ上52-1 TEL:024-502-8895

著者プロフィール

weboption 近影

weboption