「RX-8の5速ミッションがセブンを救う!?」ロータリー地獄を楽しむ男の物語 Part.2【編集長コラム】

RE雨宮流のFD3SミッションO/H術に迫る

不定期連載でお届けするWEB OPTION編集長コラム。約20年ぶりにRX-7(FD3S)を購入し、再びロータリーチューニングカーライフを満喫しようともがく男の物語だ。

RX-8の5速ミッション移植で浮かれ気分

前オーナーがどのような使い方をしていたのかなど知る由もないが、我がFD3Sはどうにもメカニカルトラブルが多い。その都度、修理しているものの、怪しいポイントはまだまだある。中でも、走行に直接関わる部分ではミッションが深刻だ。というのも、2速と5速がとにかく入らない! オイル交換しても改善が見られず、嫌な予感しかしない…。

そこで、程度の良い中古ミッションに積み換えてもらおうと、主治医のRE雨宮@雨さんにSOSを出したところ「表にはあまり出してないけど、RX-8の5速を使ったミッションチューンをやってんだよ。試してみる? ちょっと高いけど」とのお言葉が。

FD3Sの純正5速ミッション。フィーリングは決して良いとは言えない。

RX-8のミッション移植は6速なら聞いたことがあるけれど、5速は初耳。「5速から5速ってあんまりメリットないような…」と、少しモヤモヤしつつそのまま入庫。

待つこと数日。RX-8の5速ミッションを加工流用したFD3Sが完成した。

はやる気持ちを抑えながら運転席に滑り込む。そしてエンジンをかけてシフトを1速に入れた瞬間、このミッションチューンの凄さが理解できた。信じられないくらいスムーズで、大げさではなく吸い込まれるようにギヤが入っていく。“ゴクン!”が“スコッ”になったイメージだ。

RX-8の5速ミッションの展開図。シフトストロークは50mmでRX-7と共通、1速〜3速にトリプルコーンシンクロを採用して、シングルコーン比約50%の操作力低減を実現した。

「セブンのシンクロは2〜3速がダブルコーンだけど、エイトは1〜3速がトリプルコーン。その差は大きいよ」と雨さん。なお、このメニューの予算はミッションオーバーホール&載せ換え工賃込みで19万5000円だが、FD3Sの新品ミッションが約26万円することを考えると、費用対効果は非常に高いと思う。

バラバラなったFD3Sの5速。
2速のシンクロは「もう限界です!」と死亡寸前だった模様。入りにくいわけだ…。

ちなみに、RX-8の5速ミッションをケースごとRX-7に移植することはできない。ベルハウジングやリヤケースが異なる上に、車速を拾うドリブンギヤも無いからだ。つまりこの移植は、FD3Sのミッションを分解して内部にRX-8のギヤを組み込む(ギヤは共通だから強度が落ちることもない)という純正流用チューンなのだ。

こうして完全復活したFD3S。ルンルン気分で帰路につこうとしていた僕に、かのリビングレジェンドはニヤニヤしながらこう呟いた。「ミッションの調子を見るのに若い衆に乗せたんだけどさ、セブンの魅力が全くないって言ってたよ。ピロはガタガタでサスもひどい。セブンじゃない何かだね、このクルマ!」。

 “FD3Sじゃない何か”。哲学的な言葉にも聞こえるが、きっと最悪の個体ということなのだろう。しかし、もう後戻りはできない。ここまできたら、ロータリーの神様に認めてもらえるようなFD3Sになるまで、コツコツ育てて行こうと決意した次第です…。

●取材協力:RE雨宮 千葉県富里市七栄439-10 TEL:0476-90-0007

【関連リンク】
RE雨宮
http://www.re-amemiya.co.jp/

著者プロフィール

竹本雄樹 近影

竹本雄樹