「斜め上すぎるトヨタ6発を積んだS14シルビア、見参」1JZ-GTEスワップで性格激変!

エンジンスワップの名店が作り上げた脱定番シルビア

高耐久かつ怒涛の低回転トルクを実現したドリグリ仕様!

このS14後期は、スワップチューンを得意とする“C&Yスポーツ”の元デモカー。「RB26じゃ定番すぎると思ったので、あえて1JZ-GTEを搭載してみた」とのことで、JZX110マークII用のVVT-i付き1JZをスワップしているのがポイントだ。

1JZ-GTEとSR20DETとでは、インテーク&エキゾーストの位置関係が真逆だ。その辻褄合わせでフロアを若干叩き出す必要はあるものの、エンジンルーム自体には余裕があるため、換装作業はさほど難しくないとのこと。

ターボネティクスはアメリカのタービンメーカーで自動車用以外に工業用タービンも手掛ける老舗メーカーだ。

組み合わせるタービンは、TO4Sに近い風量&特性を持つウエストゲート式のターボネティクス製。ブースト制御はブリッツSBCi-Dで行われ、最大1.3キロ時に450psを発生させている。

インジェクターはサード530cc、燃料ポンプは東名パワードの大容量タイプに交換。また、エンジン本体はHKSメタルヘッドガスケットの他、インテーク側にVカム+エキゾースト側にハイカムを導入するなど、タービンの性能をフルに引き出すためのチューニングが施される。

エンジン制御は、JZX100純正ECUにF-CON Vプロを組み合わせてドライブ。タコメーターはS14純正だが、スピードメーターはトヨタ車と日産車では車速信号が異なるため、JZA80スープラ純正を流用して動かしている。ちなみに、トヨタ車に日産のエンジンを搭載する場合は、車速信号の変換アダプターで対応できるという。

ミッションはHKSのシーケンシャルドグミッションを搭載。純正以上の強度と高速シフトを実現する逸品だ。

ミッションにはHKSのシーケンシャル5速ドグを奢っているが、JZX110の純正5速であれば違和感の無いポジションで搭載可能とのこと。なお、C&YスポーツではS14/15用にJZエンジン&ミッションを積むためのスワップキットを用意しているため、コストも抑えられるそうだ。

ブレーキはトラストのグレッディ4ポットキャリパーキットで強化。サスペンションはエナペタルの車高調にフロント14kg/mm、リヤ10kg/mmのスウィフトスプリングを合わせる。

その他、イケヤフォーミュラのロワアームやGPスポーツの切れ角アップナックルを導入し、ブッシュ類もフルピロ化。グリップのみならず、ドリフトまで楽しめるスペックとして煮詰められているのだ。

室内はオクヤマのクロモリ製10点式ロールケージが装着される。アンダーコートの除去など軽量化も行われているが、サーキット専用ではなくストリートでも乗るため、エアコンやオーディオは残されている。

「確かにフロントヘビーにはなります。でも、それ以上にシルビアと1JZのコンビは速くて楽しいです。ホイールベースが短い分、クイック感はツアラー系とは別次元ですしね」と知念代表。脱定番を目指した稀有な1Jシルビアは、想像以上の快適性と速さを秘めているというわけだ。

●取材協力:C&Yスポーツ TEL:0561-38-8325

【関連リンク】
C&Yスポーツ
http://www.c-ysports.com/

著者プロフィール

weboption 近影

weboption